百姓日記 帰農人

農園の長、アチが書く百姓日記

帰 農 人 2021  2/08 仲間の舎利が送られてくる

帰 農 人 2021  2/08
 仲間の舎利が送られてくる

 雪国は大雪やホワイトアウトなどで大変そうだが、こちらの冬は実に穏やかである。雪は積もらず霜柱もない、畑は乾燥気味で底冷えがないので、つま先カイロはいらないし外水道も何回か凍っただけだ。雨も少ないので田んぼの堆肥散布もさぁっーと片付いたし、薪も濡れないので管理が楽だ。 寒太郎も数度だけ、おかげで風通しのよすぎる我が家の暖房用の薪の消費も少ない。
でも3月の大雪や大霜はよくある、準備は大事。

 畑まわりの草がなくなる真冬は、うちのたった一匹になってしまったヤギは江戸川の土手に放牧させてきた。勿論ヒモでつないであるが、先日部落のパトロールの人が「畑から離れたたら危ない!車にも向かって来るし」と怒って苦情を言ってきたという。
ヤギを飼いだして10年位になるが初めて文句を聞いた。この部落は今バブルだ。流通倉庫の開発が進み、1反(3百坪)2千万円で買われていく。どの家も改築したり、高級車を買ったり、仕事もせずにぶらぶらしてるのもけっこういる。百姓で苦労してきた年寄たちも殆ど死に絶えたし、道に土やワラなどがあると「車が汚れる、散歩中に滑ったら危ない」などとの苦情も受けるようになった。 なんか俺たち邪魔者あつかいされ始めたみたいだ、でも心の通じる人たちもいる、状況が変わっただけだ。松戸の「無農薬研究会」の百姓たちは堆肥を散布するとすぐに苦情が来るのでなかなか「有機」は掲げられないと30年前に言ってたけど、いまだになんとか数十軒の農家かが営農を続けてるのだから、おらも我慢だね。

 安曇野美麻村の遊学舎のひとしさんが火葬された。息を引き取ってから4,5日間、「多くの仲間が遺体の前で大宴会を繰り広げていたのでコロナの感染者が出ないか、とても心配だった」と妻の聖子さんから電話があった。多くの懐かしい名前を聞いた。多くの仲間が民族楽器で弔い、穂高養生園の福田さんは聖子さんを抱き上げ「最後に抱き合え」と遺体と絡み合ったそうだ、冷たかったそうだ。
おバカなやつらで大変けっこう、みんなの写真と共に骨も少し送ってくれるという、ちょっとだけ食べて、残りの舎利は祭壇に祀ろう。

帰 農 人 2021  1/31 今夜で1月が終わる よき月であった

帰 農 人 2021  1/31
 今夜で1月が終わる よき月であった

けっこう強い風が吹いた。木材で抑えてあった古トタンが30m先の水場に飛んできた。トンネルもマルチもはがれたりしている所が少し出た。今日来ている研修生の58才、医療器具の現役エキスパートは、さすがである。農園をまわって破損個所の修復を朝申し出てくれた。そしてその仕事後、薪割りをしっかりしてくれた。ありがたい。
「腰は数年に前手術して、本格的農作業はドクターストップと言われている」などと言いながら、どんな作業も懸命に向き合っている、痛々しいが見守るしかない。 
百姓を始めた頃2年間位、両手が凄い手荒れになって困っていた、鶏の足の様に表も裏も深いヒビが無数に走っていた、ステロイドを使っても微塵も効果がなかった、でも小便を毎日飲んだら1週間で綺麗に治ったよ」という話をすると「そんなこと、ただのアンモニアだし、プラシーボ効果なんかなんじゃないの」、と返事で、そのまま掛け合いを続けた。「手を治す為にとは考えってなかった、友達の嫁さんがヤバい乳がんになったので、飲め、俺も飲むからと励ましで飲んだだけ」「前のインドの首相も飲んでたよ、身体の情報系を元気にするらしいよ」「う~ん、ステロイドで治らないのなら、免疫系異常も」、と頭を巡らせている、「気」の世界は知らないのかなぁ、今度はサイババが手から出したイエスの写真でも見せたろか。

四万十で暮らす木工師の洋平から電話「パンフレット作ったから店に置いてください」とのこと。昨年は仕事が少なく、よく3才の息子を連れて魚釣り、オトは魚もさばく、すごく良い保育園なんだけど行きたがらないそうで困っているようだ。遊びの質が違う、親が二人とも感性の世界を素敵に生きている。当然子もはみ出す。 マナちゃんの議員活動は上手く回り始めたらしい、他の議員は彼女を孫の様に可愛がってくれて、80才の尊敬する議員に今年の市長選に出馬をお願いしているが、ダメなら私が出ると言ってるよ」と、幸せな波動が伝わってくる、2人とも夢を目指す日々が伝わってくる。議員になったばかりは泣き虫だったのにね。越えたんだね、でもいいねマナ市長。

帰 農 人 2021  1/24  最後の言葉は パピプペポ

帰 農 人 2021  1/24
    最後の言葉は パピプペポ
 
 20日早朝「遊学舎」のひとしさんが静かに亡くなったと、連れ合いの聖子さんからメールがあった。
病院から、雪深い美麻村の自宅に戻り1週間、「身も心もきれいにして送りだす」という彼女の思い叶ったのだろう。「遊学舎」とは廃校になった学校を1980年に親父さんで有名な版画家の吉田とうしさんが買い上げ、ひとしさんが宿泊施設として運営した場所のことで、木造2階建てが2棟、体育館や広い校庭にプールに給食室もあり、いつぞやのひと夏、マサも調理スタッフをしたこともある。
 陶芸、版画、ガラス細工、草木染など実に様々な文化活動がそこでは繰り広げられ、安曇一帯に多くの人たちが移住したその実績は誠に大きい。
その移住者たちに自然食を販売するために、4年間毎月遊学舎に俺はトラックを走らせた。
移住者は芸術家たちが多い。みんな貧乏である。支払いのツケが溜まり、インディアンティピーや勉強机などの現物支払いやトラックに神様の絵を書いてもらったりと営業的には大赤字であったが多くの友達ができた。
そんな数人の友から、代わる代わる電話があり状況を伝えてくれた、「23日に火葬するって」、「最後の言葉は、パピプペポだって」、「葬儀はわからんが、もう宴会がはじまってるよ」との事が次々に。OK、それでいい。
遊学舎での思い出は俺の宝だ、居間に飾ってある校舎前での販売風景の写真は美しい。 そういえば世田谷区の区長の保坂展人が若い頃10数人を連れて遊学舎で合宿をやっていて、朝、校庭でみんなに喜納昌吉の「花」をうたわせていたっけ。
昌吉さんは遊学舎設立祭りの時歌いに来て、朝みんなで真っ裸でプールで泳いでいたら、スクールバスが通りかかり大騒ぎになったとも聞いた。今現在、遊学舎の校舎は焼けてしまったが、多くの出会い、思い出が、みんなの中に生き続けていると思う。
 
やっと雨が降った。そんなに冷たくねえ雨が、たっぷり畑に沁み込んでいく。極度の乾きとマイナス6℃の2日間で重体状態の野菜たちが、これで生き返る、もう少し早く来てくれれば、菜花などのが壊滅せずに済んだのに。ともかく、この雨はありがてー、ねぇひとしさん、カンパーイだよね

帰 農 人 2021  1/ 10 死に顔を見に行く旅か

帰 農 人 2021  1/ 10
   死に顔を見に行く旅か

 ビックコミックスペリオール」を買ってください。日本中どこでも買えるはずです。その中に「ケッペキゲーマー」が新連載、作者は「あまの」。産休中の「木野ちゃん」の旦那の「天野四郎」のことです。数年の努力がついに実った瞬間です。主人公は病的な精神脅迫症、カウンセラーで来たのは車椅子で指も使えないかわいい女の子、そして彼女はTVゲームのプロでかなり稼いでいる、新鮮で素敵な設定だ。除菌などには執念が入り、困ると、よく聞いている、「あまの」は自分の精神的葛藤と遊びながらこの作品を生み出したかな? この雑誌は第2、4金曜日に発売されています。新人などが多く、絵やコマドリとかまだ完成されておらず、多少荒っぽいですが、けっこう読ましてくれます、力らず良さは新鮮です。 なんか少しわかりました、面白い話しや音楽や芝居などの芸術分野に人が殺到し続けている、古来からの文化力はまさにここに花開いたとも考えていいと。

「ナミさん」こと南正人がおとといの夜、横浜でライブ中に倒れ、息子の胸で旅立った、ヒッピー界の長老のシンガーのあまりにもかっこいい死に様は、ここ数日ヒッピーネットワークではこの「祝電」が飛び交っている

 朝、安曇野の聖子さんから電話が「もうできる事は点滴しかないし、むくみも出てる、死期は近いと宣言されたので、ひとしさんを「遊学舎」のあった美麻村の自宅に運び、心、身体を清くして、飛び立つ準備の為、仲間たちに援助を要請し、また応えてくれたそうだ。祭日明けの12日に福祉タクシーで帰郷させる。今、思いっきり雪が降っている、最悪の状態だが、20代には4年間、毎月、自然食をトラックで長野まで販売に通った。四駆の軽トラにスタッドレスをはかせれば最強、秋田の真冬の峠も走った。
この正月は親族の集まりも、遠出の参拝もなく、出費は大きく減り、お年玉をくれる子供たちも現れた、合計5万円。凄い、遠慮なく雪用タイヤが買えるではないか、後は日程だ。どう組み合わせられるかなぁ、でも無理はしない、さて。

帰 農 人 2021  1/04 今年も大丈夫だな、たぶん

帰 農 人 2021  1/04
今年も大丈夫だな、たぶん

三〇日、今年最後の大売り出しの三ヶ所の直売所に山盛りの野菜を並べ、その後ヤギを出しゴミを出す。ハウスそばのゴミ捨て鉄筋ボックスは基本的に南地区ではない俺に使用権利はないが、ここで一番多くのゴミを出させてもらっている。
鉄籠もお世話になっている大好きな溶接屋のSさんが設置する時も手伝った。 有機農業を効率的にこなす道具の一つに「ビニールマルチ」がある、除草と保水に偉大なる効果。
また「マルチャー」と言う機械で畝をたてながらマルチを設置してくれる機械の活躍なくして今の真澄農園はないのは確かだ。百姓したばかりの頃はできる限り化学物質のお世話になりたくないとの念が強く、ワラや落ち葉などを使ったが、とても時間がかかり、うまくできなかった。自然的農業を目指すならビニールマルチは悪、でも除草剤等よりはましだと決断ししっかり使った。
再利用はほとんど無理だ、みんなゴミに出す。しかし数年前から事業系のゴミを収集車の男たちはしっかり見分け、うちのゴミには「ステッカー」が張られ置き去りにされることが多くなった。その後少しでも乾かして軽くして、様々なゴミに混ぜて高温で焼いてもらう事を無理やりしている。最終の年末も4日の初日もゴミだし作業が一日の始まりの大仕事、すごーくやな仕事だが大切な仕事。昨年からデンプン等でできた生物分解できるマルチの設置の二回目の実験を始めた。よく使う穴あきはないが、昨年手作りした穴あけ機は進化し、たぶん使える。でも「生分解性マルチ」の値段は約2倍、制作時の手間やCO2も気にかかる。トラクターなどの農業機械や軽トラを転がしてる時もできれば、再生油でディーゼルを動かし、軽トラは太陽光の電源でと常に思うが、そのうちその時が来る、焦るな、でも勉強は怠るな、できれば馬や牛で田畑を耕してみたい、数千根前からの人たちの歴史と共感したい。 

こんなに酒浸りの正月は初めてだ。起きるとすぐに飲みだす。でも四日の今日は初仕事、なんとか働けた、今年も大丈夫だな、たぶん。

帰 農 人 2020  12/21 仕事は たのしいな

帰 農 人 2020  12/21
  仕事は たのしいな

朝と晩は何度も温度計を見ている。薪の燃焼具合を確かめるためだ。様々な木材をもらうために毎年使いようが違う、焚き付けにはどの木材か、細さは、一気に温度を上げるのと、その後温度を保つのにはどのくらいの太さか、またどの木を優先するのかなど決まると落ち着いて正月を迎えられる、暮れ正月は人が集まるので薪の使用量が半端じゃない、でも良い仕事だ。この冬は糀と餅を4,5回仕込んだ。大体の使用量も確認でき、チェーンソーの刃の研ぎ方も成功、気持ちよく切りそらえる、今度の木の割り方も大体分かった、家の周りにそれぞれに使う薪がコンテナに揃えられていく、米を研いだり計ったりなどの作業場も整えらてきた、冬至の今日、冬を越えられる余裕を持てた。

一週間前からJAから堆肥運搬用のダンプを借りた。無料で借りらるが、梅雨明けすぐのぬかるみにはまり、救出時にトラクターと接触しドアの下の方をへこませた。板金修理で多くても10万円かなと考えていたが、修理屋はドアを取り替えなきゃダメだと28万の請求をしてきた、2ヶ月間JAの人との交渉で10万だけ払う事に決まり、胸をなでおろした。でも中々その後借りる気になれなくて、牧場のダンプを借りた、これは1回2千円、これから50回使えば元をとれる、今回は7回運べた、これで年越しには充分だ。明日は洗って返すが、JAのチェックが厳しくて、「あそこが汚い」といつも指摘される、明日は3回目の勝負だ、今回は綺麗に終わりたい、次からは楽に借りられるから。そのうちロボットみたいな担当者たちとおかしなことを言いあえる事もあろう、兎も角、明日はお掃除。

堆肥をもらう守谷の牧場のそばの広大な田んぼ一部で2回「タゲリ」を見つけた、「わっ、久しぶり、やっぱり面白い顔だね」とワクワク、10年前には新川高地は渡り鳥たちのサンクチュリア、多くの見学者が来てた。今は開発で散々だ、毒死列島だ、兎も角俺は生き物を育てるよ。

帰 農 人 2020  12/13 正月の「三つ葉」は、まかしといて

帰 農 人 2020  12/13
 正月の「三つ葉」は、まかしといて

まだ一度も霜が降りない。毎年11月の中後半には来るのだがひと月ずれてる。
おかげで全国的に野菜があふれ、ひどい値崩れ、白菜や大根を作る大きな農家は出来たすべてを出荷すると経費で赤字になるのでトラクターで潰しているようだ。所得補償の保険もある、でもヤダよね。
幸いうちでは廃棄する野菜はまだない。でもともかく安くしなければ売れないと思い悩ませながら、でもみんなが野菜を思いっきり食べてくれるのは悪くない。なんとかこちらも生き延びていけてる。バタバタした日が続き、中々大掃除などもはかどらないが、今年はマサが頑張っている。障子も張り替えたし、湯のみの渋落としなどもせっせっとやっている。
こちらは農場の仕事と片づけをやりながら、朝晩のストーブ用の薪整理、昨年もらった古い薪などをなんとか使い続けて今日でやっと使い果たした。、明日からは油っ気もある良い薪を使える、どうしようもない薪を使い切れたことがとても嬉しい。これこそ歳神様に感謝する作法であるとほっとする。 そろそろ年賀状を買おう。

最近テレビの視聴方法で新しい発見をした。BSを見る時NHKは左隅に受信料のごたごたの文が入り見づらい、リモコンの番組表を何回もタイミングよく押せば消えるが中々面倒くさい。でも録画した番組には邪魔がないのでまず録画し、おっかけ再生で見ればきれいに観れる。番組表を何回も押し格闘する5年間は何であったのか、でもその自分もかわいいとと思う。すこしでも馬鹿な経費は落とそうと日々奮闘しているが、通話かけ放題月2千円のガラ系の携帯電話も何かに便利そうなスマホに変えたいなとドコモ店に行った。色々聞いたがやはり1年後には高くなるそうだ、今は千円でも節約したい、もう少しガラ系を続けよう。ポイントで換えの電池ももらえたし、もう少し仲良く付き合えそうだ。 
今年は正月用の「根三つ葉」が上手くいきそうだ。暮れにもの凄く高くなる特別のものだが、それを安値で大量に届けられる事に小さな誇りがともる、イエスも喜んでくれるよ。