百姓日記 帰農人

農園の長、アチが書く百姓日記

帰 農 人 2021  3/28 陰に咲く小木の紫モクレンが清楚だった

帰 農 人 2021 3/28 陰に咲く小木の紫モクレンが清楚だった ハウスの春菊もそろそろ終わりだ。花を咲かそうと、ぐんぐん伸びる、そうわさせまいと早めに摘み取るが、追いつかない。 芽キャベツも春菊と同じく12月から3月まで毎日収穫ができる。これは…

帰 農 人 2021  3/21 プーチンは凄すぎる 

帰 農 人 2021 3/21 プーチンは凄すぎる コタツで卵を孵化させようとしたが失敗に終わった。温度が高すぎたようだ、皆半ゆで卵状態、水分もかなり抜けて濃厚な卵になってしまった、まあ食べられるので良かったが、ちょっとがっかり。 今度はやり方を調べ…

帰 農 人 2021  3/15 おフランスで シィエー

帰 農 人 2021 3/15 おフランスで シィエー 感動的に美しい映像を見た。 パンタロンの様な原発の外壁が爆破されきれいに崩れ去る様子である。 震災10年目の様子がフランスのTVで放送され、福島の原発の状況を見たドイツが原発を放棄する事を決断、そ…

 帰 農 人 2021  3/06 9才の盲人の校長先生 イエメン

帰 農 人 2021 3/06 9才の盲人の校長先生 イエメン 久しぶりに無人直売所の金箱が壊された。以前はよくあったが、ここ数年はなく安心していた、手口はプロだ、見事だ、負けないぞ。 国境なき医師団のレターによると、コロナは一つの感染症でありあまり…

帰 農 人 2021  2/28 久々に面白い選挙だ、知事も衆議院も

帰 農 人 2021 2/28 久々に面白い選挙だ、知事も衆議院も この冬は薪ドロボーされたこともあり薪が足りなそうで不安だった。が、12月頃より畑のそばのゴミ箱に可燃ごみの日に庭木の剪定枝が丁度良い長さに切られ紐で縛られ毎回出されるようになったの…

帰 農 人 2021  2/22 そろそろヒナ人形を出そうかな

帰 農 人 2021 2/22 そろそろヒナ人形を出そうかな 昨年暮れから鳥インフルエンザ情報が毎週のように県から届く。10数羽であるがヤギと鶏の届け出は出している。くわしい様々な情報と要請が書かれている。世界で避難されているゲージ飼いは鶏の身も心…

帰 農 人 2021  2/14  東京コロナの旅

帰 農 人 2021 2/14 東京コロナの旅 葛飾区の博物館での「味噌仕込み講習会」は昨日行われた。ただ感染防止の為、会場で瓶に仕込むことはだめで、俺が実演してみせることとなった。 また参加者も減らし、みんな大きな机に一人でぽつんと座っている。 い…

帰 農 人 2021  2/08 仲間の舎利が送られてくる

帰 農 人 2021 2/08 仲間の舎利が送られてくる 雪国は大雪やホワイトアウトなどで大変そうだが、こちらの冬は実に穏やかである。雪は積もらず霜柱もない、畑は乾燥気味で底冷えがないので、つま先カイロはいらないし外水道も何回か凍っただけだ。雨も少…

帰 農 人 2021  1/31 今夜で1月が終わる よき月であった

帰 農 人 2021 1/31 今夜で1月が終わる よき月であったけっこう強い風が吹いた。木材で抑えてあった古トタンが30m先の水場に飛んできた。トンネルもマルチもはがれたりしている所が少し出た。今日来ている研修生の58才、医療器具の現役エキスパー…

帰 農 人 2021  1/24  最後の言葉は パピプペポ

帰 農 人 2021 1/24 最後の言葉は パピプペポ 20日早朝「遊学舎」のひとしさんが静かに亡くなったと、連れ合いの聖子さんからメールがあった。 病院から、雪深い美麻村の自宅に戻り1週間、「身も心もきれいにして送りだす」という彼女の思い叶ったの…

帰 農 人 2021  1/ 10 死に顔を見に行く旅か

帰 農 人 2021 1/ 10 死に顔を見に行く旅か ビックコミック「スペリオール」を買ってください。日本中どこでも買えるはずです。その中に「ケッペキゲーマー」が新連載、作者は「あまの」。産休中の「木野ちゃん」の旦那の「天野四郎」のことです。数年の…

帰 農 人 2021  1/04 今年も大丈夫だな、たぶん

帰 農 人 2021 1/04 今年も大丈夫だな、たぶん三〇日、今年最後の大売り出しの三ヶ所の直売所に山盛りの野菜を並べ、その後ヤギを出しゴミを出す。ハウスそばのゴミ捨て鉄筋ボックスは基本的に南地区ではない俺に使用権利はないが、ここで一番多くのゴミ…

帰 農 人 2020  12/21 仕事は たのしいな

帰 農 人 2020 12/21 仕事は たのしいな朝と晩は何度も温度計を見ている。薪の燃焼具合を確かめるためだ。様々な木材をもらうために毎年使いようが違う、焚き付けにはどの木材か、細さは、一気に温度を上げるのと、その後温度を保つのにはどのくらいの太…

帰 農 人 2020  12/13 正月の「三つ葉」は、まかしといて

帰 農 人 2020 12/13 正月の「三つ葉」は、まかしといてまだ一度も霜が降りない。毎年11月の中後半には来るのだがひと月ずれてる。 おかげで全国的に野菜があふれ、ひどい値崩れ、白菜や大根を作る大きな農家は出来たすべてを出荷すると経費で赤字にな…

帰 農 人 2020  12/06 コロナよりも原発は、はるかに問題だ

帰 農 人 2020 12/06 コロナよりも原発は、はるかに問題だ農業新聞の一面のコラムに中学生の頃大好きだった吉田拓郎の事が書いてあったのでびっくり。 旅人詩人岡本おさみと何本かの旅の曲を出したとの話だった。一番のヒットは「えりも岬」、そして「旅…

帰 農 人 2020  11/29 奥多摩に ごおっーと風が吹いた

帰 農 人 2020 11/29 奥多摩に ごおっーと風が吹いた「変化を楽しんだら」と、アベちゃんの言葉、心に沁みた。今回の山行はこの言葉を聞くために会ったみたいだ。 沢伝いの岩登りと急登を何とか登り終え、棒ノ折山山頂の絶景を堪能し下山を始めた時、先…

帰 農 人 2020  11/22

帰 農 人 2020 11/22 4度目の正直、天気よ たのむ ここ半月オンボロ軽トラ2台の調子が悪く泣かされ続けた。1台は朝のエンジンのかかりが悪く、毎朝他の車で引っ張ってエンジンを始動していた。修理屋に出して戻ってきたが、3日の内に元どうりに、も…

帰 農 人 2020  11/16 11月の花火

帰 農 人 2020 11/16 11月の花火 昨夜6時過ぎ、爆発音が聞こえた。なんだろうとマサと話していると、しばらくしてまた一つ、そして続いた。花火だ。 外に出てみると丁度郵便局の上に上がっていた、青田当たりの自治会が盆踊りの時上げる花火を11月…

帰 農 人 2020  11/02 生姜が枯れてきた もうすぐ霜がおりる 

帰 農 人 2020 11/02 生姜が枯れてきた もうすぐ霜がおりる ここひと月、フランスのマクロンさんがかっこよく出まくっている、まるで映画のように演出されている。 大統領は役者だ、心をこめて家族に伝えるように優しい言葉で説明をし、ウイルスに負けて…

帰 農 人 2020  10/27 祈って精進 それしかないか

帰 農 人 2020 10/27 祈って精進 それしかないか 雲一つないあっぱれな秋空は久しぶり、木々も街も美しい、そんな日曜日久々に店の2階で公朗のシタールの演奏を聞いた。 インドの山奥で5年始業し、その後35年演奏し続けたシタールの音は一音一音に心…

帰 農 人 2020  10/18 10月25日(日)はインド音楽演奏会

帰 農 人 2020 10/18 10月25日(日)はインド音楽演奏会 「でも、なんでみんな生き続けられるの?」、寝たきりのミサトさんの事を支え続けている公朗から電話があったので聞いた。 「機能は退化するけど、生かす技術はある。流動食は喉に詰まらせる…

帰 農 人 2020  10/10    世界に愛は満ち溢れている

帰 農 人 2020 10/10 世界に愛は満ち溢れている 稲刈りも後は黒米を残すのみとなり、秋冬物のあらかたの種蒔きも終え、台風によるこの3日間の降り続く雨の日は、良い骨休みになった。 最初は帳簿の整理や車検の準備などをしていたが、そのうち、わりと…

帰 農 人 2020  10/02  ボンボン時計の音だけでも

帰 農 人 2020 10/02 ボンボン時計の音だけでも 昨日、緑の党主催のウェブセミナーに参加した。 今最高に面白い農家遊びを実践中2年目の高坂勝氏の講演会。「たまにはTSUKIでも眺めましょ」というオーガニックバーを池袋で開き、そこで悩めるお客さんた…

帰 農 人 2020  9/26  原子力も終了しよう 15年後

帰 農 人 2020 9/26 原子力も終了しよう 15年後 台風の雨がふる、心配していた豪雨はなく、しのつく雨が続く。 これならば天候回復後にすぐに稲刈りを再開できる、その為に乾燥機に満載されたモミを籾摺りし空けなければならない。マコトと二人気合い…

帰 農 人 2020 9/18 秋になると 野菜の病気が減ってきた 昼間は米の乾燥機が唸りを上げている、時には2台同時に。 隣の家には多少うるさいし、モミの屑が大量に漂っている。この春に隣の仲間のサエさん家族が引っ越し、また大家の兄ちゃんが帰ってきた…

帰 農 人 2020  9/14 世界中の時空がよじれてきた 面白い

帰 農 人 2020 9/14 世界中の時空がよじれてきた 面白い2か月ぶりだろうか家の窓を閉めた。真夏はまずは玄関から家中の全部の窓を昼も夜も開けっ放しにしていたが、今夜は軽く寒さを感じる。 数日前より稲刈りを始めたが、周りは9割方終っていていて静…

帰 農 人 2020  9/06  虫の声と雨だれの音 最高の音楽

帰 農 人 2020 9/06 虫の声と雨だれの音 最高の音楽 8月1日に酷暑始まった酷暑は31日にピタリと終わった、実に見事、おかげで白菜やブロッコリーなどの定植が進み、後れを一気に解消することが出来た。葉物たちも雨ですぐに芽をだした、これから春ま…

帰 農 人 2020  8/30  真っ裸に扇風機、とても幸せな時間

帰 農 人 2020 8/30 真っ裸に扇風機、とても幸せな時間酷暑が続く、野菜たちも大変だが、日々それなりに収穫がありありがたい。でもこの状態では秋作最初に定植する芽キャベツやブロッコリーを植えることが出来ない、苗は大きく成っている。早く雨よ降れ…

帰 農 人 2020  8/17 なんか一気に農の世界へ 人が集まり始めた 

帰 農 人 2020 8/17 なんか一気に農の世界へ 人が集まり始めた 「農業体験は他でもできますが、この3日間で農への心得を教わりました」とギノワンを送った駅の場で言われた。 先日農業実習に来ていた通称「ギノワン」は宜野湾の教師の両親のもと産まれ…

帰 農 人 2020  8/09 金持ちたちの金の分配が政治家の仕事だ   

帰 農 人 2020 8/09 金持ちたちの金の分配が政治家の仕事だ 梅雨明け10日。やっと体が慣れてきたが、午後から風が変わった、夕刻になっても生温かな南風がねっとり体を包む。 マサが友人と夏恒例の九十九里での砂浴に行った。 今夜は一人、帰ってくる…