読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百姓日記 帰農人

農園の長、アチが書く百姓日記

2016/09/03 米国と中国が温暖化のパリ憲章に合意、何故今?

昼に卵を取りに行けなかったので、暗くなってからヘッドライトを付けて採卵に行ったら、餌箱あたりに大量のゴキブリたちがいた。
昼間に出てきたら一瞬で啄まれてしまうのに、彼らは夜は見えない「鳥目」を完全に知っている。
またその夜行性の昆虫をレーダーで狙うコウモリも夕暮れ時から農園の上を飛び回っている。
最近の研究でコウモリの声と同じ周波数の電波を機械で出すと様々な蛾などが半分以上寄ってこなくなるそうで商品開発が進んでいるという。害虫と呼ばれる虫も菌もそれらを食い物にする生き物たちがいっぱいおる。
生態系が豊かだと畑も森も大きな被害が出にくくなる。
ともかく科学物質を減らして命を豊かにとの国民の総意が築かれないと豊かな未来はない、
でも化学物質への依存は進んでいる、お金の為なら何でもやる、家畜(牛、豚、鳥)などの腸内細菌が餌を食ってしまうので細菌を殺す薬を与えると早く成長する。
そし抵抗量が無くなるのでので抗生剤も投与、するとそれたろ薬に対抗性を持った菌たちが育ち、人の腸内で暴れはじめた
薬が効かなくなる、癌を超える殺人兵器になりうる、さすがに医療関係から抗議が増え世界では禁止の方向に向かっている
日本国内では問題視されていない。またびっくりポンな情報で、南北アメリカでは米や麦大豆の乾燥を早める為に収穫寸前に除草剤で枯らす荒業も広がっているという、なるほど、乾燥機の燃料は激減するだろうな、
目先の経済優先が目に余る、立ち上がれジャーナリズム。