読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百姓日記 帰農人

農園の長、アチが書く百姓日記

17/01/21    正月の読書は神道の本と少年ケニヤ

実は正月3日に双子のオス「キンタ」が朝死んでいた。もともと育ちが悪く双子の「クンテ」の半分ほどの体重、動きや反応が障害を思わせた。1才には届かなかったが、良く生きたと思う
前の日もいたって元気だった。 
そして数日前1歳の「メリー」が若百姓の香取のあや夫婦にもらわれていった。30才位の二人は今農業大学に学びこの春から独立、農の道に何の迷いもなくセンスの良さも強く感じる、同じ知り合いとの繋がりも3つ、これは親戚みたいなところへ「メリー」が行ったみたいで、とても嬉しい。

 年末より漫画「少年ケニヤ」を再読し、今日20巻を見終わった。戦後3,4年後にサンケイ新聞に連載され、線が太く力強いアフリカでの物語が描かれ、その下に丁寧で優しい語りが綴られ、紙芝居を見るように1ページをめくる感覚はとても素朴で新鮮だ。
次々に襲ってくる野獣や部族、ナチスの原爆計画を破壊したり、巨象「ナンター」や巨ヘビ「ダーナ」との友好や、恐竜が生きている地下の世界とか、わくわく
してしまう。
たぶん10年後位にまためくれば楽しめると思う、角川文庫の再販ものです。各巻の終わりに「阿久ゆう」や「赤塚不二夫」などの手記もまた格別な物です。
でも物語は今日読み終えててしまった。今年3回目の土曜日の休日、どの日ゆっくり少しの仕事をし、のんびり過ごすことが出来ている。スタッフの日々の頑張りが余裕を生んでくれている。
なんか今年はゆっくりやれそう、今日もめんどくさい細かな作業をこなせた。
いい1年になりそう、ともかく1日1日を輝ける日を目指して。。