百姓日記 帰農人

農園の長、アチが書く百姓日記

帰農人    2022  9/18      よく耐えたと、時々ご褒美も与えてくれる

帰農人    2022  9/18  
   よく耐えたと、時々ご褒美も与えてくれる

 稲刈りは半分を過ぎた。ちょうど雨もなく乾燥していたので、倒れたものや、草に覆われたものもスムーズに脱穀ができた。今日の強い雨後であったら、何度もコンバインの中でつまり、大苦労させられたであろう。 新米を食べてみた。特に甘味などはないが、しっかりとした命が感じられるいい米だ。ありがたい。 先日火を噴いた吹いたバインダーの部品もあり、先日農機具屋から無事帰還した、もう中々手に入らない機会なので本当にうれしい、黒米の刈り取りなどまだまだ頑張ってもらいたい仕事はこれからだ。  
開発で田畑の多くが無くなるのは辛いが、良き出来事も出てきた、これで完全に米農家をやめる家も多くあり、農機具が処分される。前から農機具屋から「色々出てくるぞー」と言われていたが、始まった。まずは軽トラの上にのせてモミを運ぶ「グレンコンテナ」、ほとんど新品、今使っているのはボロボロで穴をガムテープなどでふさぎだましだまし使っていた。「もみ殻回収装置」これも同じ。そして昨日、神社の祭り前の枝切りなどの清掃作業をしていると、「すぐ来れる?回収してきた田植え機、程度いいよ、トラックに乗っているから」、やった、ご苦労さん会も辞退して取りに行った。「籾摺り機」と「米選別機」も話がついた、あとはコンバインが欲しい、今使っているのは走行用キャタピラーが何か所も切れかかっていて心配だ。いつも古い機械をもらい続けていたので、こんかいのようなピカピカの機会たちはまぶしいくらいにうれしい、いいこともある。

 エリザベス女王の葬儀は今日も続く、国民たちが棺に頭を下げることができる、その列は6キロ以上に、夜の中断もなく、20時間以上人々列の中にいる、葬儀全体を通じて英国の心、文化を垣間見れるのはワクワクする、また凄いのは、王室の財産想像の話もきちっと話し合われている。国からいくらもらい、王室の財産はいくらあり、それぞれの皇太子たちに巨額の富が毎年生まれる。ウクライナ危機で国民が大変な時にそれはないとの意見も。 アメリカのアウトドア用品大手の「パタゴニア」の創業者は環境保護団体に手持ちの4200億円の株式を寄付した、子供たちも遺産はいらないそうだ、すごい。こんな話続くといいな。

帰農人    2022  9/12     毎日のチェックは 天気と大谷とウクライナ

帰農人    2022  9/12  
  毎日のチェックは 天気と大谷とウクライナ

 夕闇が早くなった、数日前から稲刈りを始めたのだが、軽トラに乗せたコンテナに入っている400㎏ほどの米を乾燥機に搬入するこまめな作業時にはかなり暗くライトが必要になってきた。 半年放ってあった登山用のヘッドライトに電池を入れなおす。これから半年以上は大切な仲間だ、気の早い彼岸花も咲き始め、確実に秋に入ったね。

 今年の田んぼも結構草が多く、稲刈りもすいすいとは進まない。あまりに草が多く倒れているような田んぼはそのままコンバインで枯れないので、小さなバインダーという機械で刈り、少し乾かして脱穀する。 今日も沖縄から来た琉球大の研修生にその作業をやってもらっていたが、突然機械が燃え出したと連絡があり、駆け付けると、確かに燃えているが爆発の危険性はないようなのでバケツ一杯の水で火は消えた。まだまだ活躍してもらいたいのですぐに農機具屋に運んだ。 エンジンは大丈夫だが、周辺の部品が燃えているので取り換えれば使える、でも30年以上古い機械、部品があるかどうか、またない場合エンジン丸ごとの交換だが、その形のエンジンがあるかどうかも分からない、答えは明日わかる。どうかありますようにと祈るしかない。

 数日前、岸田政権が大豆と麦の増産と堆肥の活用を今後一年かけて審議すると発表した、大変な世界情勢の中での判断だが、なぜ一年も審議する、世界各国は日々こまめな政策返還をして対応しているのに、なぜそこまでして米国の顔色をうかがいながらしか動けないのか、まだ何とかしのげると思っているうちにどんどん事態は悪化する、いい加減の農業自給国に早く舵を切れ、当たり前のことである。それができない事情を素直に国民に報告すべし、そこからしか日本は始まらない。

 新しい直売所が開設され最初の1週間は千円前後、数日前から2千円代に乗り出した、やっと少し客が突き出し、少し一安心。 昨日、くるみと桃太が作ってくれた見事な看板が設置された、その看板だけでその地の「気」が大変浄化され、活気づく思いがする、新たな聖地よ、生まれよ。

帰農人    2022  9/04        縁はいなもの味なもの

帰農人    2022  9/04    
   縁はいなもの味なもの

 毎朝3か所の直売所の荷を作る。8月最後の日、今日で最後、夕方には売り場を撤去しなければならないそのうちの一つ入念に沢山野菜を仕込んだ、寂しい作業である。  その昼前に電話がかかってきた。「うちの所で野菜を売りませんか?」とご婦人から。すぐに軽トラを飛ばし、会いに行った。  前の場所から1キロくらいの同じ通り沿い、空き店舗があり、そこをどうぞとのこと、突然夢のような話である。 もう80も半ば、自転車も危ないのでやめたし、日々の野菜はうちの直売所が大変ありがたかった、なくなるというので困っていたという。最後のお礼の代わりの挨拶として「帰農人」3か月分を印刷しておいたところ、それを見たら良き知り合いの名が書かれていてびっくり。旦那さんにもそのことを話し、使ってもらいたいと相なるのである。その知人とは保育園「わらしこ」の創設者である唐沢さんだ。常磐高速道ができるとき、街が分断される、うるさい、地下式にしろと市民活動が盛り上がった、その時からの仲間であるという。 
またその「帰農人」の印刷を思い立ったのは、10年前より自宅前の直売所まではるばる歩いてい買いに来られていたもう一人のご婦人がいる。数年前から自宅近くに直売所ができ、神様のお恵みと喜んで下さった人で、たまに印刷する「帰農人」の愛読者であった。撤去の話があった後、夕方残り野菜を引き取りに行くときに会った。たぶん待っていてくれたのだろう、とても残念である思いを聞き、またうちの子供たちの話などもしてくる、最近は無精して印刷もできていなかったなと強く思い、その夜頑張って印刷した。そしてそれが今回の新直売所設立のもとになった、導かれて、導かれて、拾われた。誠にご縁の力をまざまざと感じた久しぶりの体験であった。

 今日その直売所に野菜を片付けに行くと、婦人に会った。看板が見にくいのでもっと前に出したらと旦那さんが言っていたという。85の彼女は63の俺が彼女の父親に似ていると言い出した、「ヒゲはやして」、「いや、水を汚すとか、農薬とかの害を常に指摘し、新聞にも赤線を引きよく読まされましたとのこと。地球を浄化したい思いの波動はずっとつながってゆく。

帰農人    2022  8/28    地球が本気で暴れ始めた やばくネ

帰農人    2022  8/28 
  地球が本気で暴れ始めた やばくネ
   
 今日は昼でも25℃以下で、初めてサルマタの上にズボンをはき、厚手の靴下をはいた。梅雨明け後からは膝までの半ズボンをノーパンではいていた、昨日も暑く熱中症になりかけたのに、すごい変化だ。 この夏は世界各地で異常な高温と感想が多発した、そして大洪水の害もすごい。気象はちゃんと帳尻を合わせているが、気候変動の害はあまりにも目に余るようになってきた。揚子江ドナウ川も干上がり大変なことになっている。そんな最中にロシアは余った天然ガスを焼却処分している。貯めたり、プラントの一時停止より金はかからないが、一日で14億円分を燃やしているそうだ、周りでは北極海の氷が解けるのを心配している。ともかく滅茶苦茶な混乱が続く中でも世界各国はそれなりにもがきながら、懸命に対策を考え動き回っている。このところEU各国は値上がりを続ける燃料費の予想を国民に知らせ、それに対応する様々な補助金などをこまめに打ち出し、ともに何とか乗り越えようととの訴えが多く報道されている。常に政府と国民との間に対話が存在する、うらやましい限りだ。 このところフランスでは「環境過激派」が暴れまわりだしている、若者たちがガソリンをたくさん使う高級車のタイヤの空気を抜き、電気自動車に変えろとの違反切符を張っていく。店のネオンも登って電線を切る映像が流された、これらは犯罪として取り締まられるであろうが、環境保護的テロ活動は先鋭化していくかもしれないが、国営放送で放映するのだから、どこか許しているおおらかさも感ずる。

 数日前から立花隆の「臨死体験」を再読している。まだ上下2冊の前のほうのちょっとだけだが、体験談が豊富に記されている、その中でやはり凄いなと感心したのがユングの身体離脱体験、ガガーリンの軌道よりはるか上から地球を見下ろしそのさまを書いている。人類が宇宙に飛び立って見る前に鮮明に報告していた。 マサがおととい観ていた以前のガリレオの中で「臨死体験」だった、昨日見ていた「耳をすませば」のお父さん役声を立花隆が演じていた。なんで重なるの、少し暑さも収まるので体も楽になろう、また少し本が読めるかな。

 帰農人    2022  8/21       そして 誰も いなくなった

  帰農人    2022  8/21  
    そして 誰も いなくなった

 都心真っ只中の人形町から30半ばの青年が、先週5日間研修に通ってきた。初日の昼飯あと、食器を洗う時、洗剤の場所を聞かれた、「流しの横に石鹸があるよ、でも、そのくらいの汚れなら、お湯で流せばOKだよ」と答えた。駅に送る車の中で、「僕は変な潔癖症なんです、ゴキブリやネズミが出る家で、まして洗剤もよく使ってない家で食事はできません、明日から外で外食させてください」と次の日から近くのコンビニに食べに行き、みんなが食べている時に帰ってきて会話に参加した。暑い中での作業をこなし、一日は熱中症での熱が出て休んだが、できれば流山に引っ越して、家庭菜園をやりたいと帰っていった。 彼もまた不妊治療を続けている。彼の精子の管が細くて手術したそうだ、少しでも都心から離れた場所で家族生活をさせてやりたいね。 今週来週の週末に世田谷から通ってきているヤマダ電機の37才の男性は虫が好きで、昼飯時にハエ叩きをしていると、「ハエや蜘蛛なんかがいますとほっとします、御殿場のばあちゃんの家でも虫だらけでした、醸造所なんです」と言ってくれてほっとした。金が支配する世界から抜け出そうと真面目に模索している。彼は中二の時に親父が亡くなり母はベビーシッターをしながら3人の子育てたという。また今は姉と3人暮らしをしているが、自分がどこかで農的暮らしをし始めたら母も来るだろう、そして結婚もしたい。ヤマダ電機の中では無理だとのこと、これも夢をかなえさせてやりたい。今にも開発の大波に潰されそうな農園でもそれなりの役割はあるね。

 今朝鶏小屋にエサやりに行くと、最後に残った3羽も消えていた。小屋の土際に新たな穴が作られイタチにやられた。やられるたびに修繕し何とかなると思っていたが、小屋は30年前に廃材で作ったもので、土と接触する部分はかなり弱ってきている、修繕で猫は防げるが、木材をかみ続け穴を開けるイタチ、5㎝ほどの穴を開けるのに全力を使う。タヌキ、ネコ、ヘビ等とにやられてきたがイタチの襲来は初めてで、あいつら細くてきれいな茶色いきれいな毛並み、畑ではよく見てきた。  今日は重かったな。

帰農人    2022  8/14   応援団勢揃いの甲子園はやっぱりいい

帰農人    2022  8/14
  応援団勢揃いの甲子園はやっぱりいい

数日前「今月いっぱいで直売所を撤去してください」と突然の電話が。昨年の5月にその障碍者施設の前に無人直売所を設置した。それまでは障碍者が働く農園の野菜を売っていたが、ファミリーマートで販売するからと野菜を持ってこなくなったところで、もってこいの話だと喜んでくれ、売り上げの10%の場所代も大変助かると関係はうまくいっていたのだが、、、、。障碍者の農園から横やりが入ったのだろう、詳しくは協会の運営方針として決まったと言葉を濁す。スタッフ一人分の給料分が突然消える、その日は落ち込んで家に帰ると、弟の娘二人が3人目と4人目が9月と11月に生まれるとのことをマサから聞いた。「おじさんはつらいね」と6万のお祝い金が飛ぶのを笑われたが、良かったねと素直に喜べない、撤去事件の報告、その晩はともかく呑んで寝た。 翌日直売所に報告のチラシを作ろうとしているとマサの実家から姉さんの電話が。マサもうれしそうな相槌で姉さんの声の質もいつもと違い穏やか。姉さんの子供である若夫婦にやっと子供ができたようだ。結婚して13年になる、安定期に入ったので連絡が来た。こんなにうれしい事件は久しぶりだ。マサの兄夫婦は治療にだいぶ金をかけたが子ができなく、里子をもらい育てたが、その子も結婚し嫁が家に入ったが中々子ができず、、、。マサの実の兄さんが亡くなってもコロナの影響で葬式にも帰れていない。これでは秋田の家との関係はなくなってしまう、つまんねぇなと思っていたが、これで縁が細々とつながっていることを確認出来て嬉しく思う。孫をよく面倒を見ていた亡くなった婆ちゃんもさぞ喜んでいるだろう。
 前日の地獄と今日の天国。そして昨夜は6人目の末っ子の貝人が泊まりに来た、同級生の結婚式だそうだ、歌舞伎町で真剣に生きている貝人の話は面白い、つい飲みすぎてしまった。今朝は珍しく二日酔い、台風通過後の蒸し暑さは辛いが研修生も来ているし、午後からは東大の大学院で都市環境学を研究している米国人のジャックが友達を連れてくるという。来たのは流山育ちの24才の女の子、やたらスピリチュアルな霊的話や波動やヒッピーが大好きな変わった子、「仙人と出会えた、本物のヒッピーに初めて会った」と大喜びしている。でも思い込みが強すぎてとても危うい、でも出会った。 落ち着かなく、ドラマチックなお盆である。

帰農人    2022  8/08   死んだ仲間たちのことをよく思い出す、盆近し

帰農人    2022  8/08
  死んだ仲間たちのことをよく思い出す、盆近し

 ここ1週間、雨や曇りの日が多く、夜はタオルケットでは寒く毛布の暖かさが心地よかった。この涼しいうちに大変な田んぼの畔草を刈ってしまおうと数日前から始めた。田んぼは北地区に8枚(80a)南地区に12枚ある。今日から南地区の畔草に取りかかったがこの南地区の田んぼは今年で最後、畑は来年の12月まで使用可能と先日通達があった。 ここの畔草も稲刈り前にもう一度である、来年は田んぼ全体ーぼーぼうの耕作放棄地に囲まれ、新たな田畑の借り入れやハウスの移動などに追われるのかなと思うと気が沈む。ともあれ、今眼前にある田畑たちと日々向かいあうしかない。周りの農家で田畑がなくなるのを悲しむ人達はいない。0,6%の人たちがまだハンコを押さないそうだが開発は進む。数千万、数億円当たりくじを現金化する日を待ちわびる部落の人たちとの意識の差は日々広がっていくのを感じるのは悲しい。「耕作放棄地を使ってくれて大変助かる」から、「目ざわりな存在」になっているみたいだ。すれ違ったりするたびに挨拶する時に最近特に感じる。これは仕方のないことだ。なるべく迷惑をかけぬように努力しよう、北地区に耕作放棄地が多くなっているようだ、時間を作って様子を聞き回らなければね。

農家仲間である農家仲間である宮崎に住むむ城からの圭物から箱が届いた、どぶろくやバジルペーストなどのほかにテレビ放送されたDVDや月間通信などが入っている。昼飯を食べながらスタッフの姉ちゃん二人と研修生で圭介たちの映像の堪分を。能、また明日見て書き物などを読もうねとみんな大喜び、何せ圭介の風貌が俺にそっくいだ。。う、10年前に毎週日曜日に1年にていて通い、赤んぼと共に宮崎の百姓になった。高校時代は習志野ゴールキーパーをしていただけに根性と体力は申し分なかった。思いっきりきつい仕事をさせてもめげなかった。離婚を乗り切り新しいパートナーとの間に子供も生まれ、新たな活動を自信もって進めている姿はまぶしいほし輝か。い、たぶんモンゴルの放送局制作の番組らしい、真澄屋のHPにでも映像を添付してもらおうと思う、仲間が近寄るお盆の出来事の一コマだ。