百姓日記 帰農人

農園の長、アチが書く百姓日記

 帰農人    2023 10/01   神様のいない10月が始まったね

  帰農人    2023 10/01 
     神様のいない10月が始まったね
 満月の前日の夜は、雲間はぽっかり空き、本当に地中海の形で、イタリア半島ギリシャが突き出ていて、アテネの先に月は輝いていた。 満月は5段腹のデカン高原の中を動いていた。ちょうど良い夜風と虫の声、これはセットだ。ホタル狩りなども、どこの町でもできるように目指そうね。

 稲刈りを始めたと思ったら、4,5日で終わってしまった。今年は8枚に苗を植えたが、除草の大ミスを犯し、5枚はヒエに埋まり、ほぼ全滅、気持ちのいいくらい、かえってさっぱりした。  忘れもしねえ、除草最初の日、田植え機を改造した「アメンボ号」で取り掛かり、1枚目を気持ちよく作業を終え、2枚目に入ってすぐにドロに埋まった、水が少なすぎる、なぜ?昨日まで完璧に水の支度をこなし、8枚を2日間でサァーと終わらせる予定だった…アキに軽トラで引っ張ってもらい、救出し、次の田んぼまで行ったが、そこも水が足りなかった。アメンボ号は待機させ、水路の様子を毎日見に行ったが、流していない、完全に「中干し」だ、今年は、メタンを減らせるから、しっかり「中干し」をした水利組合には補助金が出るので、やってるのだ。6月初めに水を止めるなど、度を越している。 ポンプで何とか水を入れて、除草してもその後、水を深く保たないと、すぐにみんな生き返ってしまう。この時点で、今年の米作りは2度目の大アウト。 その後今まで、テレビで田んぼなどが映るたびに、ヤダな、見たくねといつも嫌だった、思いを決して取り掛かると3枚はいい米が収穫できた。これで糀くらいはつくれるな、これは神様からの大事なお情けだ、来年に向けて作業をしよう。4か月間も落ち込んでいたんだ、もう解き放ちたい。忙しいけど、草の種が少ないうちに借り上げ、冬に燃やしやすいように準備をしよう。周りの田んぼの人たちもいやなのだ、うちは確実に雑草の種をまき散らかしてるもんね、おとがめはないが、来年はしっかりやらねば追い出されても文句は言えないよね、ハイ、下を見ない。

 ベジタはでかくなった、よく食べる。米主体の朝夕の餌はほぼきれいに食べている、納豆もよく食べるので、毎朝俺のを少し分けていたら、昨日は納豆だけ残ってさらにへばりついてた、たまにでいいね、ともかくシラミが湧き出てくる。ほぼ毎日とってるが、絶滅できない、やつら数百の卵を産み繁殖力すごいもんね、西欧の交通機関でダニの繁殖が大問題になり始めた、けっこうでかいやつ、みんな戦々恐々、大したことないのにね。  

帰農人    2023 9/24    事件番号「流山730」 今年の730番目の事件

帰農人    2023 9/24 
  事件番号「流山730」 今年の730番目の事件

 ゆうべは寒くって、夜半、毛布を引っ張り出した。いつもは、ほとんど裸に薄いタオルケットをおなかにかけるくらい。腹を出して寝ることが小さい時からだめなのだ。ガンジス川のそばの安宿で、暑いので屋上でよく寝たが、西欧からの多くの旅人たちは、男も女もみなへそを出して寝ているが、俺だけ薄い布を腹にかけていた。 カヤと布団は常設、歩くところを広くしたいので、部屋の隅っこに小さな三角テントのように張りついている、寝る時はカヤの束の中をかいくぐり中に入るのが好きだ。高校の頃、一人用の雨風を防げる小さなテントで何度も3千mのアルプスなどで寝たことを思いだす。テントの中で眠る感覚を覚えとてもほっとする。もうそろそろ、面白かったバカ夏が終わるのはちと寂しい、毎日暑さと遊んだ、夜風とは毎晩お付き合いした。子ネコも来たし、ベジタは米、野菜もしっかり食べ続け、日ましに大きくたくましくなってます、まだ乳歯ですけど。

  再発行されたカードたちがぼちぼち届く。みな再発行、12日に盗られて13日までに手続きは終わっているので十日目くらいに届くんだね。クロネコのカードは、三週間後と言われたが本当かしら。15%割引が消える、早く来い、こちとら数百円でも重要なんだ。影立って17万円は帰ってこない、 
無人直売所で残り野菜をさっとかたずけて、売り上げをポケットにいれ、シャッターを降ろし、この聖地を授けてくれた隣の家主さんたちに片手で拝み、数メートル先の軽トラまで戻る2,3分の間に、助手席にあった財布が通り人により持っていかれた。すぐに警察の二人と現場検証、科捜研みたいな男性がワゴン車で現れ、写真や指紋などを捜索した。こんなことも4,5回やっている、細かい農機具などの盗難などは検証で時間を取られるのが嫌で泣き寝入り。最近は野菜の盗難と共に、まったく被害が出ていない、すごくありがたいと思っていた。
前にもホームセンタ―で2mのマルチ数本などを台車で運んでいた時、崩れ落ちそうになったので、財布をくさび代わりにしてレジに向かった。あれ落としたかなと10mの通路に拾いに行ったがなかった、数十秒の出来事だ、警察を呼んで防犯カメラなども見てもらったがだめだった、あの時も8万円忘れられないが忘れるように心がける。これからの一日、一時間の方が大切だ。カトマンズの銀行の窓口で金を下ろしている間のカウンターで目の前の小銭入れを見事に取られたのは忘れない、初めての盗難事件。

帰農人    2023 9/10 ネコのフレンチキス

帰農人    2023 9/10
      ネコのフレンチ キス
 金曜日の雨は冷たかった。午前中の収穫で 冬の一番寒い時のように 指先が凍え、濡れた服を俺も木野ちゃんも着替えてほっとした。 こ寒い日には「カレーうどん」が農園の定番だ。スピードカッターで作りたての「一味唐辛子」を添えて。

 この寒さで「魔の夏」は終わっただろう、あとはたいしたことね、と思ったが、今日の暑さはまずかった。湿度が高く、汗でシャツが背中にへばりつき、目に入る汗をぬぐい去らなければいけない、Tシャツをめくって目をこする、暑い時には常に首に「ヒエヒエタオル」を巻いている、それで汗をぬぐう。 今日はハウスの支柱を抜き去る作業、分解中のハウスには背丈より上の草の森におおわれている、でも、もうハウスの移動作業を再開しなければ、来年3月の明け渡しに間に合わない。「支柱パイプ抜き作業」は一番困難な作業である、10年も20年も土に埋もれ支え続けてくれたパイプは手ではほとんど抜けない、専用の機械もあるが数万円もする。試行錯誤の上、確実に抜き去る技術を開発した、手軽に持ち運べる車用の油圧ジャッキと埋め込み用の踏んづけるステップを利用して確実に抜けるが、それなりに繊細な作業で、設置する場所の草と来襲する数十匹の蚊との格闘は確実に起こる。でもやらなければと、取り掛かったところ、一本目が手で抜けたのだ、大雨が地下50㎝以上をぬらしてくれた、次からの数十本はぐりぐりいわしながら抜くことができた、これはボーナスだと、蚊にもめげず二日間頑張ることができた。ハウスの組み立てはかなり進んだ。

 これを書いていたら、縁側から大きなネコの顔が出てきてびっくりした。ベジタの母ちゃんだ、その時ベジタはネコマンマを食べていたがしばらくして、首をしてる母ちゃんの方に歩み寄り、ちょこんとフレンキスをして、1mばかり離れたら母が上がりこみエサを食べ始めた、ベジタはずっとそばにいる。音を聞きつけセミを採ってきたりする。以前は母ちゃんを完全に無視してると不思議だったが、違った。少しほっとした。 あい変わらずベジタのノミは取り切れない、毎日ノミクシで十数匹以上捕まえてビニール袋に捕まえていたがなくならない。もう、ひと月くらいになる、恐るべきノミの繁殖力、数百匹捕まえた透明ビニール袋は新しいのに変えた

 今週は色々と小さな事件が重なり、今日は15日、とりあえず、発信

帰農人    2023 9/03 いつもの ミーコに

帰農人    2023 9/03 
     いつもの ミーコに
 秋冬もの第一弾のブロッコリー芽キャベツ軍団などは、大事にネットトンネルで保護されたなかで、半数以上が枯れてしまった。いつも以上に植える前に強いお日様に慣らさせた。定植後、様子を眺めていたら、大体、活着したと確信。でもその後大半が枯れてしまった、被害を確認しなければいけないのだけれど、それより今夜からの久々の雨をうまく利用して、第二弾の植え付け大作戦を成功させねば、大変、金融危機到来。 雨一杯降れ。

 最弱小軍団ととして生まれた「楽天イーグルス」を応援し続けている。今年は最悪であったが、このところ30半ばのベテランおじさんたちの活躍で、一気に順位を上げようとしている、中でも39才の岸のピッチングはうっとりするほど美しい、30才過ぎて うまくなる選手も沢山いるんだ、 大谷も一年や二年休んで二刀流を目指すがよい、復帰してもまだ30才、また数年驚かせてくれればありがたい、そこで完全に右手がだめになったら、左手を試してみるのは、漫画だね、 これだけの夢のような時間を皆に与えてくれたんだ、君には胸を張って休めばよい、その間、色々と遊べばいいのだ、それもあなたの仕事だ、いい女を早く探せ、みんなからほめられるばかりでは、心は壊れるだろう。彼はただ高校野球時に教授した思いやりの文化を素直に体現しているだけだ。面白い悪さはダルビッシュたちからも学べる、体も心もたやすくだめになる、すごいな、たぶんショウヘイの事を毎日、心配している人たちは数百数千万になるかもしれない、そして彼が地球を救う援助団体などとの関係が結ばれたらすごい、夢見てます。
 ベジタの毎日のノミ取りは続く、毎日、帰ってきて、裸になり、蚊取線香をつけ、風呂の火をつけ(6分)、冷えたビールをサーバ―から移し、扇風機をつけてベジタを呼ぶ。ノミ取りようのクシをひとなですれば、数匹のノミはすぐとれる、毎日十数匹は捕まえて、ビニール袋に数百匹のノミのミイラが溜まっている、やつらの繁殖力はすさまじいね、面白いです。ベジタもノミ取りは気持ちがよく、終わった後しばらくはゴロゴロいっている、やつは完全に人を好きになった、今は誰かまわず人に「ミャ―」と寄っていく、ここ数日はミィーちゃんのそばにいることが多い、ミーコも少し受け入れたようだ、昼飯を作るそばでおとなしく眺めていた二匹に、適当な餌を配分できた。夕方、いつものミーコに戻った。

帰農人    2023 8/27 セミの声より 夜の虫、虫の世界は 秋

帰農人    2023 8/27 
  セミの声より 夜の虫、虫の世界は 秋
 マサが熱で寝込んだ。店の方で娘たちのやっかいになるので、家は一人。ミーコにはいつも高級ネコエサ、やりなれない。 今朝などは朝遅く2匹いっぺんに、縁側から飛び込んで帰ってきた。これはやばい、気まぐれお嬢様にいかにして短時間で食わせるかが勝負。ポリポリが見つからなかったので、ペースト状のチュールと小皿を用意して、マサの座椅子の背もたれの上にいるミーコに献上する、3本をなめつくし、「ミャ」と言って去った。ヘダイ手には餌に飛びつくベジタを抑え込んでいる、今度はおめーの番だ、ご飯にオカカ、煮干しに味噌汁と野菜、今日は納豆を混ぜてみよう。ともかくきれいに食べる、時々ゆで卵や魚のかけらなどが残っているのに飯を欲しがる時は、「まだあんだろ」と指さす、あとで仕方なくペロペロなめてる。 昼飯時にミーコが帰ってきたので、アジの干物の頭をやると食べてくれた、ベジタは魚はバリバリ食う、毎日セミやゴキブリを食べてる。ともかくお米を食べてくれるのはありがたい、エサやノミ取りの時に「ベジー、ベジター」と数度叫んでいると、「俺を呼んでいる」ことはわかるらしい、お前はベジタだ。 
 トランプの拘置所での顔写真、歴史的な出来事をまたやってくれた。思いっきり怒りと叫びに満ちた攻撃的だが、イヤミがない、ある種のさわやかさへ感じる、その写真は爆発的に拡散されるだろう、でもトランプの方が手回しが早い、すぐに写真入りのマグカップやTシャツが売り出されてる、拘置所に入る時も数十代の白バイにブルーの蛍光色で演出させたり、トランプは余裕で遊んでいる。それはそうだ、どんな罪も認めない、俺はトランプなんだーことに惹かれる共和党過半数を超える。これは大変摩訶不思議な現象だ、西欧では「難民をいれるな」「EUを離脱せよ」などの右派政党が急激に支持を得ている、日本ではどうかな、これだけ腐っても、巨大な利権優先の泥船の舵を曲げられない日本も変な国だね、政権奪取を本気で模索しなければいけない。タイは全ての野党をまとめて首相をひっくり返した、「同性同士の結婚が反対され世の中はもう消し去りたい」との発言で支持されたピタは首相にはなれなかった。 日本では常に自民党政権交代後の閣僚や政策を常にアピールする機会を増やし、又政権をとったあとの練習をしておかなければいかない、色々やることはあるだろ、なんで日本中がお馬鹿さんになっちまうんだろうね。 わかんね

帰農人    2023 8/21 ベジタのノミ取り生活は続く

    帰農人    2023 8/21 
     ベジタのノミ取り生活は続く

 おれもそうだが、木野ちゃん、アキともに毎日9時から5時、炎天下やクーラーの無い施設での作業や食事、いつもと変りなく、せっせっと働いている。俺はもっと早くと催促しながら、毎日アイスを出す、アイスを買うなど正月に一度くらい、棚をのぞくと俺の知らないものばかり、「おっ、いくつもの ガリガリ君があるぞ」、まずはこれからと、その後毎日、昼頃、野菜をもって帰った時に出している、俺は小豆バーを一本食べたきりだ、体は欲しがらないのだ。十代後半にはアイスやお菓子類はほとんど必要としなくなった。果物もだ。その代わり、酒と煙草がその後の友となる。 毎日熱いコーヒーをテルモスに500ミリをともにするが、盆前あたりから麦茶に氷を二つ、仕事間に一口するだけで、体は喜び元気が湧く、これはいい、と思って数日続けたが、家路のとき、やはり暖かいものがいいと感じた。今はもう暑いコーヒーに戻ったよ、ちょっと冷やしすぎたんだ、その一晩だけビールも酒もおいしく感じられなかった、でも翌日から毎日「おいしいな」とたしなんでいる。 夕方あたりの野球やサッカーの試合なんかワクワク、ガブガブでの大量消費は唯一の贅沢。

 中国の経済が急激に悪化している。成長率が7,8%当たり前か、3%くらいまで急落の予想、不動産業界の一大危機、家屋の値下がりが続いて、大手の破産が続く。不動産業はGNPの3割と巨大で損失は痛い。最近中国高官からの声高な攻撃節はなりを潜めている、そうだろう、ロシア崩壊後の世界を考えざるえまい、ともかく迷っている。領土拡張を常に国是として働いている役人たちと、勤勉と国へ忠誠を強制された人民たちはとても頑張って役目を果たしている。もう数年でアメリカを経済で追い抜く勢い、金はたっぷり、やったるぜー数年前に突然始まった、中国の報道官たちの発言がはっきりと攻撃し、もうすぐ私たちが地球を支配する、手を出すな、との本音も醸し出すほど本音の発言、そののちすぐに欧米は喧嘩を売ってきた中国に対して、経済投資を引っ込め始めた。そして太平洋の島々やアフリカなどに金を落としながら帝国拡張されている国々に欧米は首脳外交などを盛んにした。将棋でいえば、最初の一手の「歩」の出し合い。ベトナム沖のサンゴ礁に飛行場を作り始めたとの今日のニュース、まだまだ元気すぎるね。くそ面白くねえ今の中国文化はいつかまた誰かがひっくり返す、それを望むしかない。経済は控えめに、交流はいっぱいがいいな。

帰農人    2023 8/16  真南からの風は吹き続けている 風鈴はいつも リン

帰農人    2023 8/16 
 真南からの風は吹き続けている 風鈴はいつも リン

 ちょうど良い雨が、二回来た。一度目の雨の前日に、人参の種をまき、二度目の雨の中、ブロッコリーなどの苗を植えた、申し訳ないほど適量の雨だった。ありがたや、である。

 今度の研修生はイラク人のムサさん、56才。日本人の妻はいるが、神は私たちに子供はくださらなかった、イラン人の若い仲間数人で、猪苗代で農業を始めます、家と畑3反で二百万円。彼には農業の知識はほとんどない、でもやるつもりだ。二日間、短時間の大雨が何度も続く、止むと暑いので、カッパを着たり脱いだりの繰り返し、仕事は輸入古着の製品化、クーラーのない中の12時間労働、かなりブラックだ。昨夜も仕事は12時までだったととても疲れている、でも仕事に工夫も見え、「収穫 いっぱい」と笑顔で帰った。 昼寝の時彼は語った、「イスラム教の指導者たちはすべて悪い、金ができるとみな逃げる。子供たちには全てはコーランの中にあると、アホな若者を作り続けていく」「愛すべき教祖はいるんでしょ」と聞くと、「誰かしってますか?」と返答に「なるほど」と、一つの世界が見えた。これからもイスラム世界を学ぼうと思う。

 ベジタにはノミがいた。ミーちゃんは珍しくもノミはまるでいないので忘れていた。高いノミ取り用のクシでベジタの体をすくってみたら、いるわ いるわ 30匹のノミがすぐとれた。身体中をクシで撫でられたのは誠に快感だったのか、その後30分ほどゴロゴロ鳴きながら、そばにいた。俺はこれをパソコンで書いていると、縁側から母ネコが顔を出した。「どうしたい」と様子を観察、動画をとスマホをいじってたら消えた。数十分後また来た、今度はベジタの残り皿を食べてた、もう野菜のかけらしか残ってないのにガツガツなめてる、その後もう一度来た、又皿をなめた、その間ベジタはまるで知らんふり。オレが親猫に話しかけてる中で、小さくだが2回、ミャーと鳴いた、これにも反応なし、聞こえないわけがない、なんなんだろうと、一日もんもんとしていたら、さっきベジタが食べている時オッカサンはまた、縁側から顔を出し50㎝の距離で食べる様子を見つめている、ベジタは黙々と食う。母は上がってそばに、それでもまだ黙々と食う、しばらくして小さな会話がひとつあり、ベジタはそばにさがり、見つめていた。きれいな母ネコだ、あごの下からのむなしたは真っ白、ベジタは全身茶色、外人なみのでかさの美人さんである。