百姓日記 帰農人

農園の長、アチが書く百姓日記

帰 農 人 2021  10/03 虫の声と程よい寒さは哲学の

帰 農 人 2021  10/03

    虫の声と程よい寒さは哲学の

 里芋とさつま芋を先週よりせっせと掘り出した。どちらもまだ十分には太りきってはいないが、かなり多く作付してあるので野菜の少ないこの時期、日々の販売額を増やすのに、大いに助かる。里芋のデカい親芋も霜で葉茎がやられるまでは美味しく食べられる。この所の昼のみそ汁の具は親芋か指ほどの小さいさつま芋だ、チビなのに甘くておいしい。今年の夏は雨量が多かったので里芋は豊作だろう、大体まわりの畑の里芋もとてもでかいが、うちのはさらにデカく葉っぱまで手が届かない。まるで里芋の林の様だ。種芋にでかい親芋を使い、水分を減らさないように畑全部を黒いマルチで覆う、このやり方を始めてから美味しく、でかい里芋を毎年出せるようになった。ただ、親芋の保存に気を配らなくてはならない。
ちょっと目を放すと多くを腐らすことがある、今年は多くの親芋の保存に初めて成功したので、いつもより大きく切り分けて植える事が出来た。芋の肥大が続くのはあとひと月半、とても楽しみだ。
だが喜ぶことばかりではない。大失敗もある。玉ねぎは豊作であったが、乾燥保存に目を配れず、半分以上を腐らせてしまった。大打撃である、失敗の原因を色々考へ、書物なども調べてみた。幾つかやりようはありそうだ。先日玉ねぎの種を播いた、また再チャレンジの始まりだ、有機の多品目栽培は日々成功と失敗の連続だ、安住の心持ちには中々慣れない。特に今年は開発で畑が移転の可能性がでてきた話しと、初めての稲作の稲作の大失敗で今までで一番心の折れた年だ。
先日直売所の姉さんから「真澄屋さん、なんだか元気がないねー」と言われた。自分でも日々爽やかな心で過ごせていないのはわかるし、日々、さえない顔と付き合わされるマサやスタッフたちにも悪いなと思うが、立ち直るにはもうしばらくかかりそうだ。
やることは沢山あるが、再開した読書生活についのめり込んでしまう。新しき物語や歴史との出会いは涸れた心に沁み込んでいく。昨日からは安部龍太郎の「等伯」信長の頃の絵師の物語を読みだした、とてもいい。

帰 農 人 2021  9/27  秋なのに盆と正月

帰 農 人 2021  9/27

    秋なのに盆と正月

 我が借家は何年も前から3ヶ所の雨漏りがあり、大家さんに催促しても修繕してくれないので、いつか自分で修理しようと常に思っていたが、休みの無い百姓生活が続き困っていたところ、3男の桃太が直してくれた。仕事は「引き屋」で家やビルなどを移動させたりする超職人技の世界で鍛えており、なんでもできるし正確で細かい、立派な職人技に惚れ惚れとする。8,9と2ヶ月の休みを作り、8月いっぱいは札幌で働いていた連れ合いのミヤビとレンタカーで北海道を旅し、その後真澄屋の裏にあるクルミと麻実の住む家に二人とも同居し、先週昔の交通事故で足の付け根の動脈につないだバイパスの具合が悪いので手術を受け、すこぶる調子が良くなったようでひと安心。丁度二男ののイザナが仕事の関係で近くに来て二晩泊まっていった。本業は役者だが、仕事もせねば生きていけぬ、いつも芝居と関係のある会社で働いていて、今の会社が冷蔵設備の修理等をすることになり、様々な資格や技術を習得すべく「筑波」の方で合宿生活、電気や冷媒、溶接などを学んでいる。「36になってお勉強だ」と楽しそう、彼は飲めないが、俺はへべれけになり、居間で沈没。 
屋根の修繕も二人でやってくれ、イザナとミヤビも初めて話ができた、盆と正月がいっぺんに来たような嬉しい日々をすごせた。
 同居する娘たちや飯を提供するマサ達は毎日新鮮な日々を堪能しているらしい、店ではカフェの客が減る2時ごろに昼飯をとるらしく、桃太が待ちきれず「外に食べに行こう」と誘うと「ここのご飯の方がおいしい」とミヤビが言うようだ。「いい嫁だね」とマサにいうと「そうそう、いい嫁だよ」と笑顔のマサ。
ミヤビは自分のワーキングスペースを狭い家の中の迷惑をかけない台所の一角に囲いを作りディスクを作り、中国語などの翻訳の仕事をしているという、いずれは北海道で暮らしたいという二人だが、面白い仲間が加わった我が家は大変新鮮でありがたい日々を楽しんでいる、日々物語が生まれる。

帰 農 人 2021  9/20  本と月とおねえさん

帰 農 人 2021  9/20

    本と月とおねえさん

 叔母の葬儀が土日にあった。斎場は近所で、毎日その前を数回は通る。斎場側からその道を眺めると妙に新鮮でその道自体が愛しく感じた。父方の葬儀等は酒盛りでにぎやかだったので、その伝統は守りたく思うが、コロナである。そうはいかないかも。でもお通夜では一つ年上の喪主の従弟が「残さないようにみんな飲んで」と言ってくれたので、それじゃ日本酒だ呑むべと、姪っ子も最後まで残り賑やかな供養が出来た。マサに迎えの電話をしたら、駐車場にいるという。「呼んできてよ、一緒に食べましょ」と誘ってくれたので車に行ったら、俺を斎場まで送って家に帰ったら猫のミーコがネズミ捕まえてきて家に入れなかったらしい。急いで帰る事にした。
次の日は焼き場に行った後、その日のうちに納骨の予定が雨で翌日に。一日潰れるはずが午後早く帰宅し、久々の空いた時間。図書館にでもいくかと思い立った。コロナ後は一度しか行ってない、その時は予約などなんだの面倒だった。こわごわと入館、長時間にならなければ閲覧も自由になっていた。どれどれと4冊を選び、帰ってさっそく読書。
最初は「チベット侵略鉄道」ラサまでの鉄道4千mの高所と永久凍土などの障害があり、大変困難な大工事、その様子を軸に、チベットへの侵略、殺戮、拷問、や宗教、文化の撲滅、そしていかにして漢人と同化させるか、歴史と共産党の政治体制がしっかりと書かれている。今大問題となっている、香港やウイグル南シナ海のことなど、中国の謎を読み解く良書である。
久々の読書は砂漠に水を撒くように心に文字が沁みてくる、朝も3時過ぎから読書し、仕事後の夜には完読、今朝からは司馬ちゃんの時代物だ、これも新鮮、やっぱり本はよい。

 書くのを中断してクロネコヤマトまで野菜の発送に行ってきた。右折する交差点で光り輝くまん丸のお月様、あまりの美しさに交差点を通り過ぎてしまった、帰って確かめると満月は明日、昨日今日の澄み切った青空に浮かぶ黄金の皿、なんだかクロネコの姉さんもきれいに見えた。

帰 農 人 2021  9/13 曼珠沙華が咲きだしたね

帰 農 人 2021  9/13
曼珠沙華が咲きだしたね
 
「ヤギのそばで作業している姿をこの辺で」との要望が。じゃあネギを抜いてきて皮でも剥きましょうとセッティング。そこに撮影班が「こんにちわ」と現れる。昨日からテレ東のアド街ック天国の撮影が始まった。収穫はもっとゆっくりこの角度でとか、土の付いたものを食べてというのでさつま芋を齧った、ハウス内のジャングルの様になったミニトマトを撮りたいという。隣には綺麗なキュウリがあるのに?
「綺麗な畑ですねー、青々としてますね」「それは雑草だよ」
というふうに、どうもとんちんかんだ。インタビューもどれだけの放送枠があるのかわからないのでなるべく簡潔にと頭を悩ました。2時間余りの撮影にどっと疲れた。今度は水曜日に畑で料理しろとのこと。マサの料理の方がずば抜けて美味いよとのこちらの提案には応じてくれない。さて、困った。

 色んな国がある。 エルサルバドルは賭けに出た、基本通貨を米ドルとビットコインにした。初日からサーバーがダウンしたが大統領は「簡単なミスだ、すぐに回復する」とコインの流通を進めた。ほとんどの国民が銀行口座を持っていない国で、銀行と国民を繋ぎ、他国からの投資を呼び込むという政策は誠に危うい実験だ。コインの相場の変動が大きいだけに国民は心配している。 
イランでは国営の出会いサイトが開設されたようだ。人口減少対策だ、会うことを希望したら、まずその家族に連絡がなされ、OKの後は出会いの場に職員が立ち会うという。男女の世界の価値観は西欧と百年違いの時差が厳然としてある。
アフガンではやはり女性の自由は大幅に制限されそうだ。一度味わった自由を取り上げられるのは辛いだろう。西欧の女性記者たちが嫌がられながら、懸命に首脳陣にくらいついている、彼らは肌を出している女性の顔も見ようとしない。アフガンにはかつて自由主義政権も社会主義政権時代もあった。厳格なイスラム法タリバンをまとめる為に譲れない一線なんだね、兵士への恩賞の為に宝さがしに忙しいだろうね、女も危ない。

帰 農 人 2021  9/06  今は見つめ祈るしかないアフガン

帰 農 人 2021  9/06
      今は見つめ祈るしかないアフガン

 先週は熱波であえいでいたのに、ここ1週間は毎日雨ぶくみの寒さが続きいている。
キャベツなどの定植には水やりの仕事が省けありがたい、また雑草もスポスポ抜けるので草で覆われたネギ畑の草取りも終えることが出来た、でも毎日カッパや軽トラは泥だらけ、ホースのシャワーで泥を落とす時カッパに感謝する、3千円位のものだが、もう2年も守ってくれている、雨だからできる作業も沢山ある、でも野菜の種類が少なくなる「端境期」に入り、少ない野菜をなんとか毎日出荷を続けるが、気温が10℃位低い日が続き生育がにぶる、野菜が高値傾向なので野菜は良く売れるが野菜がない、小さめなじゃが芋や玉ねぎなどの販売に力をそそいでいる、
小松菜、ホウレンソウ、カブ、大根、里芋、サツマイモなどが出てくるまで、なんとか毎日工夫して買ってくれる人たちを引きとめる為に必死である。
でも毎年やっているのだけれど、毎日微妙な緊張感続き、疲れ果てているのだが、なんとか身体が動くのが不思議だ、ここ数日の朝はとても身体が重く、なんかの病気か?と心配したが、今日は元気だ、でももう無理はできない、飯の量を少し減らし良く噛むことに専念したい、「胃」が「いい加減にしろよ」と毎日訴えている気がする、小食って一番苦手菜事だ、でも始めなくては。

 アフガンに派兵していた国々では多くの犠牲と多額の資金は無駄になったと批判が続出している、また様々な立場の人たち多くを語っている。「決して無駄ではなかった、アフガンの人々は20年の民主主義を経験した」と義足の元駐留兵やアフガン人なども語る。
迫害を恐れ隠れているひとも多いが、弾圧されながらも抗議のデモを起こす人々もいる。特に女性は権利を求め果敢に抗議活動をしている、
これも20年の歴史であると思いたい、そしてタリバンがどのような体制をおこなっていくのか祈るような気持ちで毎日の報道を見つめている、タリバンよお願いします。

帰 農 人 2021  8/31 ある意味で世界が正直に動き出している

帰 農 人 2021  8/31
      ある意味で世界が正直に動き出している

 この夏は寝苦しい夜を感じなかったので、寝しなの扇風機は使わなかったが数日前に初めて使用した。
35度が昨日まで続いた、さすがに昼を挟んだ数時間の作業は苛酷だ、軽トラにわずかに出来る陰で何回も休む。小便は黄色くならないが、身体のどこかが軽くつる、軽い熱中症だろう。8時ごろには寝てしまう、するとなぜか12時ごろに目を覚まし、録り溜めたニュースや歴史物などをテレビで見ながら酒を飲みなおす。二晩続いた、やはりこれは体に悪い、どうも疲れが抜けない。 
昨夜は止まった時計のネジを巻き針を治すのに円筒形の鉄のゴミ箱にのるのだが何度か落ちた、「時計をもっと低い所にしたら」とそばでマサが言うのだが、ちょっとした軽業の様なこの作業は「まだ若いのだぞ」という自分のプライドでもあった、マサの言葉にはむっとしたが、それもそうだなと今日は何度もボンボン時計を見上げている。

 IS等の攻撃の危機があるからと、8月での撤退を米国は何度も発言してたが、まさにその通り自爆テロが起こった、ISには「卑怯」という概念はない、西。列強国たちがいいように中東アフリカを蹂躙した酬いだと怨念だけが行動原理で、混乱させればいいのだ、病。
、学校、静かな農村、海外からの援助団体等、一番攻撃しやすい所う選ぶという、こんな思想集団は歴史上なかったのではないか、で。何故特攻自爆を繰り返すイスラムの民が誕生したのか、やはりそれは、植民地化された怨念である、プライドだと思う。中東全域が押し、付けられた民主主義にNOを言いだしている、中国もロシアも押し付けるのはいい加減にしろと強い発言行動を繰り返す。もうらの国々は西側もうの言うことは聞かないだろう、ミ。ンマーの様に軍隊自体が経営する様々な会社の利益を国家に渡さないために計画されたクーデーターで千人以上殺しても、他国は何もできない、経。封鎖などすると、中国とロシアが急速にすり寄る、ヤクザの連帯だ、どうすれば仲良くできるかな?

帰 農 人 2021  8/22    仲間たちと少しでも会わなくちゃ

帰 農 人 2021  8/22
   仲間たちと少しでも会わなくちゃ

 5年前に1週間位研修に来た「自由の森学園」の高校生が訪ねてきた。
来年大学を卒業した後は「子ども」と関われる仕事をめざしているそうだ。バイクの中型免許を取ったので初めての遠乗りの地に選ばれた。訪ねてくる理由なんてなんでもいい。関わった人たちが夢を持って生きてる姿を見せてくれるのは嬉しい。

 畑仲間のジュンに誘いを受けて、カナダの大学に現在在学している大学生のミホさんという方が「エコでハッピー」という環境講座を仲間のカフェでやるというので行ってみた、昨日である。
プラスチックの海洋汚染と気候変動の問題を海外のマスメディアの報道の資料を映し出しながら元気に話してくれた。プラは熱に弱く、電子レンジを使うことで食品に移り、ペットボトルからも溶け出し、魚などを含めると1週間でクレジットカード1枚分が人間の体内に入り、主に脂肪分に蓄積され乳がんや子宮ガンの原因となるとプラの製造量と癌の増大数のグラフが一致するなどの説明するが、その他の化学物質などの要因などが考えられてないのと毎週カード5gの接種はネットフェイク的だ。でも温暖化の問題で南極北極の氷が解け続けると氷の中にあるCO2などが大量に放出され続けられると人間には制御不能の負の連鎖が起こるというのはちょっと驚き、この説は確かめてみなければと思う。 
日本では環境問題は徹底的に潰される、今までも様々な人たちが声を上げ、広がったと思うといつの間にか消える繰り返しである。
ともかくマスコミが自主規制されている現状は恐ろしく重い。また学校で現代社会の問題を無視する姿勢はアホな国民を作り続ける。個性重視といいながら、子どもたちは発言する事、目立つことを極端に恐れるようになっている、国民をゲージ飼いの鶏の様に飼育することに自民党政府は成功したようだ。
タリバンアルカイダもいないのに監視社会の構成員として自分も周りにも怯えを振りまいているのが今の日本の日常だ。
戦前戦中の悪夢が次の世代が成立させる、やだな、なんとかなんないかんな、ともかく変化が必要だ、さて、でも、まず寝よう。