百姓日記 帰農人

農園の長、アチが書く百姓日記

帰農人    2022  11/06    暖かさがみにしみる 秋の日々

帰農人    2022  11/06  
 暖かさが みにしみる 秋の日々

 久々に熱が出た、といっても微熱である。高くて37.1℃、平熱の36.5℃より高い日が4日間続いた。うす寒く、だるくタバコもうまくない、食欲はある。休まず働き続けている疲れがたまったのだろうと、午後1,2時間横になったりしていた。やはり不安だったが、昨日から何度測っても平熱、古い体温計もまだ正確だったし、何よりほっとした。体のどこかを修復してたんだろうね、たぶん肺か気管支あたりだと思う。まだハンマーで打ち付けた左手の親指は痛く、熱も持っている、長いね、たぶんヒビが入っているんだろうね、それもあと少しだ。
  年々米の消費量が減っているので、米の生産量を減らし米価の下落を抑えようと、麦、大豆や家畜の餌にする飼料米を田んぼで作れば補助金を出し、何んとか生産量を抑えてきたが、田んぼを潰し畑に変える農家には多額の補助金が入る政策を政府は出してきた。畑に変えたら1反(300坪)10万円、そして5年間1万5千円づつ出し、一括で1年目で出してもよいとの異例の補助金だ、苦しい農家の多くは飛びつくだろう、半月ほどして2万円の案を出してきた、けっこう本気だ。これは米を作りにくい中山間地の田んぼを一気に無くす政策ではないか。田んぼで麦や大豆を作ると1反3万5千円の補助金が付く、来年度からは5年間水を張ったことがない水出にはこの補助は出さないという、つまり水路も荒れ果てた田んぼは畑と、みなし、この補助金を削減することを考えている、自給率を本気で上げようとは考えていないのが透けて見える。国産小麦は20%、大豆は6%だがそれにかかる補助金で一年分の麦、大豆が輸入できる。大規模な畑の少ない国土では麦や大豆、飼料用トウモロコシなどの効率的生産は無理である。でも国内のパンの消費量は米の2倍、麺はほぼ同じになっており、魚より肉卵の消費が増えている。自給率を増やすには米中心の和食に戻せば簡単に増やすことができるが、輸入小麦や大豆がこれほど増えては、製粉やパン、麺業界はこの国の食の基幹産業になっている。それらの会社を支えようと、早々と3月ころから小麦の価格上昇を数百億の税金を使い、抑えている。世界中、小麦等の高騰で大騒ぎ、なぜか日本だけがぼーっと、間抜けずらして暮らしている、日本はいいお客さんだ、輸入に困ることはないだろう、でも、せーので、麦より米食ったら、大変な革命がおこるよ、たぶん。

帰農人    2022  10/30   岸政権では日本の衰退を直せない、確実に日々衰退する

帰農人    2022  10/30 
 岸政権では日本の衰退を直せない 
          確実に日々衰退する

 数日前、やっと黒米が登熟した。米の刈時は米の穂の茎が穂先から枯れだすが、半分以上が枯れて来た時だ。青々としていた穂の茎が一気に黄色くなり始めた、もうモミに栄養を送らないという合図である、夕方に先に燃え上がり修理したバインダーで7,8週試しに刈ってみた、機械は調子いいし、ぬかるみもひどくなく何とか進む、黒米もよく育っている、量は多く取れそうだ、明日水路脇の柵に干し上げる、百m近くになるだろう、1週間ほど天日干しして脱穀、籾摺りだ、待っているお客さんたちも沢山いる、もう少しだからね。

 自民党はどうしても原発が好きだねー。新しい形の安全な原発を開発すると、核融合の研究費も上げている。40年で期限切れの原発を60年使うという、当面は原発でエネルギー代は安くなるが、何千年冷却をし続けねばならないコストは莫大なものになる。発電するとウランが燃え、副産物のプルトニウム達が生まれる、この困ったちゃん達が放射能ビームを出させなくする研究は全く進んでない。宇宙へ放出もありだと思うけど、一度でも爆発したら地球は終わる、また1㎏の物を打ち上げるのに3百万かかるという、岩盤に歪みが少ない西欧では地下貯蔵の可能性もあるが、火山国の日本では地上の保管しかない、使用済み核燃料の棒は各地の原発にあるプールで冷却保存されている、そのプールも7,8割ほどの満杯状態であり、外から電気が来なくて、自家発電も止まれば、温度があがり核分裂が始まり爆発する。細かい羽根を多数生やした空冷の保管容器も開発中、それより問題なのが廃棄核燃料棒の再処理だ、プルトニユームなどの狂暴なのを集めて濃縮するのは研究程度しかできず、フランスに頼んでいた。大量のプルトニウムの輸送の船の航路は隠密で、しかも自衛隊護衛艦が守っていた。 30年ほど前に処理された濃縮核廃棄物が「アカツキ丸」が東海村にいついつ入港するとの確かな情報が拡散され、接岸する港の丘に数百人のシュプレヒコールの声が響いた。円筒形の容器はでかかった、その濃縮されたのをガラス固化する施設が六ケ所村にあるが失敗の連続で長く停止されている、日本再生への道の一つに「電力会社の解体」がある、最大の金づるだ。

帰農人    2022  10/23   夜空の星が輝き始めた 秋が来た

帰農人    2022  10/23 
 夜空の星が輝き始めた 秋が来た

 寒くなりだした今週の頭より朝晩、薪ストーブに火を入れ始めた。昨年は薪がなかったので石油ストーブを使っていたから薪は2年ぶりになる、やはり心が落ち着くね。

 根菜類を中心に野菜の価格が高騰している、天候不順が響き品薄になっている、今まではすぐに大量輸入し、価格を下げていたが今は中国の食糧消費の増大で簡単に輸入できなくなっている。 20年前に日本は、世界の農産物輸入の40%を占めていた、そのころ中国は2%ぐらいだったが現在は30%を占めるようになり日本は20%だ。世界の生産量も増え輸出額も3倍に増えているから、日本の輸入量はほぼ同じだが、中国は豚肉と穀物(家畜の餌も含む)では全世界の輸入量の50%だ、中国は肉、魚をバクバク食いだした。でもここ40年は世界の食糧を食い荒らしていたモンスターは日本であり、様々な飢餓の原因の一つでもある。 今年初めから日本政府は輸入がままならん事を感じ急に国内自給率を上げようと躍起に騒ぎ出した。最近は下水の汚泥から肥料を得ようと研究を進めよとのことであるが、以前より日本の下水の汚泥に含まれる水銀などの重金属が多く厄介なのだ。日本人は化学物質が大好きで、農業でも大量に使うが、人が薬として化学物質を取り込む量も極めて大量であるのだ。プラスチックを減らそうと大騒ぎしているが、様々な化学物質の製造量は増加しており、その影響は特に子供たちに現れ、小さな様々な障害が増加しているが、そのような研究には予算が削られ、マスコミも企業に忖度しなるべく騒がない。欧米では騒ぎまくっているのに日本は無視、中国や韓国のほうが監視や研究が進んでいる。早く変われ。

 米国では経済が崩壊状態のベネズエラからの難民が押し寄せている。南部の苦境の州ではもはや受け入れきれないと難民をバスに乗せ、難民の受け入れに対して積極的なニューヨークにせっせと送り込んでいる。南部の共和党の嫌がらせだ、NY市は予算も厳戒なのに暖かく迎え続けている。その難民の2割ほどしか申請は通らないが、その他の人も「種類を持たない人たち」として援助を続けている、なんとも暖かい政策である。またコロナで失った人材を埋めていくというしたたかさもある。したたかだ。

帰農人    2022  10/16   夜の虫の声もだいぶ弱くなってきた 

帰農人    2022  10/16 
 夜の虫の声もだいぶ弱くなってきた 

月曜の夜に、中村哲さんの映画「荒野に希望の灯をともす」をマサと麻実と三人で柏の「キネマ旬報シアター」で観てきた。哲さんがアフガニスタンに医療援助に入り、いくら治療しても生活インフラが滅茶苦茶な状態では患者が増えるばかり。農業のできる土地を作らなければと井戸を掘ったり、用水を作ったりして、何もなかった砂漠を50万人が暮らす緑豊かな街を作り上げた記録である。ある時には、飢餓で苦しむ15万人の町に食料援助を続け冬を乗り切ったこともある。全ては日本の応援者たちから「ペシャワール会」への援助金で賄われた、数か月で数億円が集まったこともあるという。哲さんは3年前に撃たれて亡くなったが、10年位前にも仲間の若い伊藤君がやはり凶弾に倒れた。 伊藤君の功績が称えらえ読売から賞金が出た。同時に神戸の震災の後設立された仲間の全世界への援助団体「CODE」にも数百万円が授与された、会場の帝国ホテルに出席し、哲さんたちの活動をよく知ったがこの映画はよくまとめられしっかりと認識できた。 6月に亡くなった友人である通称「ゴン」もとい西村さんたちが援助(JFSA)して数千人の貧困の子供たちが通うパキスタン、カラチの「アルカールアカデミー」もそれに続く素晴らしい日本からの援助である、ゴンもペシャワール会に活動家たちとはよく顔を合わせたといっていたけ。

 やっと稲刈りが終わり、ひと月間軽トラの後ろに乗せていた数百㎏のモミを運ぶコンテナを数日前に降ろすことができて、肩の荷は下りた。だが指のけがの腫れは収まらず、肩こりは続く。おまけに足裏のタコも悪化し歩くたびに痛い、昨夜少しカッターで削り、マサからの助言でビワの葉を張ってみたら今日はかなり痛みがとれた、ありがたい、でも今年初めての餅つきをして、切って真空パックをしようとしたら機械が動かない、色々やってみたがだめ。こうゆうときは友人の電気屋のジャワに電話、来てくれるそうだ。とりあえず餅には脱酸素剤を多く入れシーラーでパック、明日から売り出すが、これも心配、常に問題が起こる。  でもダルビッシュパドレスは今日勝ってワールドシリーズに駒を進めたし、天皇杯甲府バンフォーレも頑張っている、今試合中、ウクライナ軍も元気だ、俺も負けないぞ。

帰農人    2022  10/09    もうじき寒くなる 薪を切らねば 

帰農人    2022  10/09  
 もうじき寒くなる 薪を切らねば  

 左手の親指を痛めてしまった。二日前トラクターのロータリーを修理した時、軸を外すために鉄の棒をあてがい、大ハンマーでたたきつけていた時、抑えていた手を打ってしまった。「このやり方はあぶねえな」と思った矢先である、いつもならプライヤー等で抑えて手を保護してきたが、なぜか思いつかなかった。 10年前も同じところを大けがした。その時はヤギ小屋の水差しを工夫しようとペットボトル丸鋸で切っていた時、骨まで削ってしまった。手伝いに来ていた、若いカトちゃんにハチマキのの手ぬぐいを切り裂いてもらい、縛ってもらい、自分で運転して病院に行った、爪下の関節の所を十数針縫った、数日様子を見てだめなら切り落とすとのこと。ありがたいことに切らずに済んだが、神経は戻らず変な感じだ。 たかが親指の傷だが、体全体の調子がおかしくなる、今日は肩こりがひどい。腫れて指が曲がらず痛いので納豆の辛子袋を開けることもできない、何かと不便だ、夜にはビワの種の焼酎漬けをちり紙につけ巻いている、今朝は反対側に水疱が二つできていた、完治までは結構かかりそうだ。ともかく気をつけねば、農業は一番事故が多い仕事なのだ、毎年400人ほどが死んでいる。

 パキスタンの水害は想像を絶する甚大なものだ。国土の三分の一、日本の面積ほどが水につかり、一〇日以上を過ぎた今も水位は半分も減っていない、インダス川流域は広大な平野で水はゆっくり海にそそぐ、貧乏な農村地域は日干し煉瓦の掘立小屋が多くほとんどが崩れ去る、水が引いた後は川底の粘土でまた日干し煉瓦を作り、家を建て直すのであろう、小学生くらいの男女がよく作っていたっけ。援助が進んでいるのか、飢餓のニュースはないが蚊の発生でマラリア患者が多発、特にこどもがとの報道が多い。たぶん悲惨な状況は幾つもあるであろうが、あまりにも世界中で混乱が多発しているので調査も報道も手が届かない。

 昨日台湾政府が「国境線を超えて侵入する飛行機や船舶には攻撃する」とコメント。どんどん侵入してくる中国軍に待ったをかけた。米国の航空母艦「ロナルドレーガン」も近くにいる。中国の人民会議も間近、駆け引き、かけひきの日々。

帰農人    2022  10/02      世界中で新たなつながりが急速に日々生まれている

帰農人    2022  10/02  
   世界中で新たなつながりが急速に日々生まれている

 里芋を2回、試し掘りしてみた、まだ小さいが行けそうだ。親玉も味噌汁で食べてみた、色は黒ずんでいるがホクホクしておいしい、サツマイモもだいぶ太ってきた、落花生も行けそうだ、稲刈りもあと少し、まさに収穫の秋だ。澄み切った夜空にきれいな三日月がすっきりと、これでサアッーと寒気が入ったらネットの中の葉物を食い荒らす虫たちも収まる、やはり9月の葉物たちやカブなどは難しい、10月からが勝負だ。今朝アブラゼミが一匹弱弱しく少し鳴いた、ずいぶん遅れて寂しそうだね。

 政府が農業の再生を声高に言い出した、国民会議を立ち上げるそうだ、この20年で農家は200万人から100万人に半減している。当たり前だ、政府・経済界は小さい農家はつぶれ、大規模な農家が低価格を追求するのを望んでいたからだ。会議では「儲からないから半減するんだ、価格が安すぎるからだ、これを何とか」とほざいているが、価格が高めな時はどんどん輸入しまくっていたが、中国が国内消費の増大に野菜も化学肥料の輸出を急速に絞り出し、ロシアからもウクライナの関係で輸入ができない、燃料等の高騰で輸入農産物全般が高騰する中、化成肥料も減らし堆肥を使うようにと呼びかけている。予算も突き出した、今年度分の堆肥の使用には40%の補助金が付くと先月農政課から連絡があった、初めてである、ただ予算があるから多くの請求があると20%とか減らされるかもという。ともかくありがたい、いつも牛糞堆肥を牧場に領収書を書いてもらわなくてはね。ともかく有機農業推進に対する補助が世界に比べてあまりにも低い、世界があまりにも暴れだし、国内自給の大事さにやっと気づき始めた、あまりにも遅いが、できることはやるべきだ。なぜ余っている米を輸入し続けるんだ、麦、大豆、飼料用トウモロコシ、そばなども余っている田んぼで作ればいいのだ、もう様々な品を米国に輸出する力もなくなってきたのだから、米国の農産物を無理して輸入しなくてもいいのだ。ここは外交の発揮しどころだ、米国の余剰農産物は、飢餓の国々に回せばいいのだ、やれることは沢山ある、政府よ行政よ走り回れ、ほかの国も必死に動いているよ。

帰農人    2022  9/25    小3の時カラーテレビが来た、吉田茂の国葬をじっと見ていた

帰農人    2022  9/25 
  小3の時カラーテレビが来た、吉田茂国葬をじっと見ていた

 先日の台風の雨はそれなりに降った。田んぼも水浸しである。水を落とす水路が満杯なので水は引かない、周りの稲刈りは全て終わり、残っているのは俺の田んぼだけだから、土地改良区の排水ポンプは動く様子はない。水浸しの田んぼでも刃先が水の上にあるものはなんとか脱穀することができる。しかし今年もうちの田んぼの雑草は多い、モミと共に多くの生草を脱穀するとコンバインの中で詰まりやすい。ただでさえ水分が多いのだ、コンバインを少し動かすと、脱穀部分に草が入らないように草を抜き取る作業が永遠に続く、2時間で終わる作業が一日かかる、仕方がないのだ、草をはやしてしまったのは自分なのだから、「2回代かき」に「アメンボ君」に除草ではうまくいかなかった。また来年挑戦だ。少しずつながらも脱穀したモミを乾燥機に入れて濡れたモミを熱を加えず風だけで乾かしている、溜まったら乾燥作業に入る。住宅地なので乾燥機の音も気になる、夜や朝早くは回せない、こちらも落ち着かない、敷地の広い農家とは違い、住宅の借家で乾燥機を使っていられるのは奇跡的でありがたいのだ。いつも危うい条件下の中で生き延びてきた、ある意味でゴキブリ的根性で百姓を続けているのだ。それしかできないのだからそれでいい、続けられればありがたい。

 夏休みなどにNHKラジオでよく「子ども電話相談室」をやっている、結構好きだ。数日前の祭日にもやっていた。「なんで金目鯛なのに、目が黒いんですか?」と小二の女の子、「金目鯛は深海を泳いでいるので光が少ない。そこで目の中に反射板があり、光を数倍に増やして、よく見えるようにして餌を捕まえるんだよ、その反射板があるから正面から見ると、黒く見えるけど、斜め横から目を除くと輝いて見えるよ、夜行性の猫などにも反射板があるんだ」となるほど。 昔はTBSで夕方やっていた。忘れられない回答がある。「なぜお坊さんは頭がつるつるなのですか?」、無着成恭さんは「あのねーお坊さんたちは、なるべく心の中の様々欲望を少なくしようとしてるのだけど、毎日新たな「欲」が出てくるの、だから毎日生えてくる髪の毛をそって”戒め”にするんだよ」と、大納得。