百姓日記 帰農人

農園の長、アチが書く百姓日記

帰 農 人 2021  10/03 虫の声と程よい寒さは哲学の

帰 農 人 2021 10/03 虫の声と程よい寒さは哲学の 里芋とさつま芋を先週よりせっせと掘り出した。どちらもまだ十分には太りきってはいないが、かなり多く作付してあるので野菜の少ないこの時期、日々の販売額を増やすのに、大いに助かる。里芋のデカい親…

帰 農 人 2021  9/27  秋なのに盆と正月

帰 農 人 2021 9/27 秋なのに盆と正月 我が借家は何年も前から3ヶ所の雨漏りがあり、大家さんに催促しても修繕してくれないので、いつか自分で修理しようと常に思っていたが、休みの無い百姓生活が続き困っていたところ、3男の桃太が直してくれた。仕…

帰 農 人 2021  9/20  本と月とおねえさん

帰 農 人 2021 9/20 本と月とおねえさん 叔母の葬儀が土日にあった。斎場は近所で、毎日その前を数回は通る。斎場側からその道を眺めると妙に新鮮でその道自体が愛しく感じた。父方の葬儀等は酒盛りでにぎやかだったので、その伝統は守りたく思うが、コ…

帰 農 人 2021  9/13 曼珠沙華が咲きだしたね

帰 農 人 2021 9/13 曼珠沙華が咲きだしたね 「ヤギのそばで作業している姿をこの辺で」との要望が。じゃあネギを抜いてきて皮でも剥きましょうとセッティング。そこに撮影班が「こんにちわ」と現れる。昨日からテレ東のアド街ック天国の撮影が始まった…

帰 農 人 2021  9/06  今は見つめ祈るしかないアフガン

帰 農 人 2021 9/06 今は見つめ祈るしかないアフガン 先週は熱波であえいでいたのに、ここ1週間は毎日雨ぶくみの寒さが続きいている。 キャベツなどの定植には水やりの仕事が省けありがたい、また雑草もスポスポ抜けるので草で覆われたネギ畑の草取りも…

帰 農 人 2021  8/31 ある意味で世界が正直に動き出している

帰 農 人 2021 8/31 ある意味で世界が正直に動き出している この夏は寝苦しい夜を感じなかったので、寝しなの扇風機は使わなかったが数日前に初めて使用した。 35度が昨日まで続いた、さすがに昼を挟んだ数時間の作業は苛酷だ、軽トラにわずかに出来る…

帰 農 人 2021  8/22    仲間たちと少しでも会わなくちゃ

帰 農 人 2021 8/22 仲間たちと少しでも会わなくちゃ 5年前に1週間位研修に来た「自由の森学園」の高校生が訪ねてきた。 来年大学を卒業した後は「子ども」と関われる仕事をめざしているそうだ。バイクの中型免許を取ったので初めての遠乗りの地に選ば…

帰 農 人 2021  8/16 世界に警察はいなくなった日

帰 農 人 2021 8/16 世界に警察はいなくなった日 お盆全部が雨など今まであっただろうか。気温も19℃、寒い。厚手の股引と靴下2枚をはいて畑に向かう。盆でも研修生が2人来るので休めない。 昨日も今日もハウスの中で玉ねぎの選別作業、けっこう腐っ…

帰 農 人 2021  8/09 無観客、解説もない試合はど迫力

帰 農 人 2021 8/09 無観客、解説もない試合はど迫力 夏になり、家の南側に位置する大木数本に葉が茂ると地上波のテレビが映りにくくなる。風や雨などでも調子が変る。(アンテナだからね) 大木たちは2mほどの土手に生えている「野馬土手」だ。野馬土…

帰 農 人 2021  8/01 今年の夏は長い。コロナと五輪で消耗も激しい

帰 農 人 2021 8/01 今年の夏は長い、 コロナと五輪で消耗も激しい 梅雨明け10日、暑いけど、風があり、時々の雷雨。1日中働いているがまだ熱中症気味は最初の2日だけ。でもまだ8月1日。ビールも飲み過ぎて冷えているようで、身体はドブロクのお湯…

帰 農 人 2021  7/26  ナベツネは現役だ

帰 農 人 2021 7/26 ナベツネは現役だ だめだ、帰ってくるとオリンピックから離れられない。どの競技をみてもそれなりに面白い、昼飯の時、男子スケートボード競技中、ヤンキーのような話し方をする解説者が話題になった。数年前にスタッフだったユウの…

帰 農 人 2021  7/18 世界も田畑もぐるぐる、おちつかないなぁ

帰 農 人 2021 7/18 世界も田畑もぐるぐる、おちつかないなぁ 梅雨明け三日目、昼過ぎにはかなりフラフラしてきた、小便も黄色い、軽い熱中症かな、でもまだ風があるので助かった。午前中のハウスでの収穫は辛い。 トマトの各種類、キュウリとインゲン、…

帰 農 人 2021  7/11 開放的な夏は今年もお預けだね

帰 農 人 2021 7/11 開放的な夏は今年もお預けだね 昨夜8時ごろにもの凄い雨と雷が1時間ほど続いた。花火の様に満天に輝き地響きを立てる落雷に家の縁側で見入ってしまった。先ほども一間ほどの土砂降りがあった、梅雨明け前の雷だ、酷暑は目の前だ、…

帰 農 人 2021  7/04 一番古い美浜原発再稼働は事故が続くだろう

帰 農 人 2021 7/04 一番古い美浜原発再稼働は事故が続くだろう 7月は一番多くの野菜を出荷できる稼ぎ時。収穫や出荷に多くの時間をさかれる、でも次の野菜の準備や除草作業もあり、追いまくられる毎日だ、そんな中トラブルもよく起こる。 2日にあった…

帰 農 人 2021  6/28 野球の神様 ありがとう

帰 農 人 2021 6/28 野球の神様 ありがとう 一日中野球の事を気にしている、これは大谷がいけない。 メジャー史上最高のプレーを続ける姿は少しでも見たい。日本野球界にとってこれほど大きなご褒美は初めてだ。 楽天イーグルスの勝敗も気になる、分裂し…

帰 農 人 2021  6/19  神は あそんでるから

帰 農 人 2021 6/19 神は あそんでるから ドイツのテレビで夫婦別姓制度が誕生して30年の特集を見た。ドイツでは夫の姓を継ぎ、家系を守るのが伝統的で、現在でも別姓は20%位、メルケルも別姓だ。40年前八百屋を始めた頃に仲間の先輩に別姓の家族…

帰 農 人 2021  6/13 窓からの風が心地いい 夏の始まり

帰 農 人 2021 6/13 窓からの風が心地いい 夏の始まり 大遅れの田植えに、間に合わない畑仕事。身体も心もかなりまいっていた。髪の毛も重くなり、この所ある思いで首にかけている数珠が肌をこすり痛い。もう半月ぐらい風呂に入っていない、今夜は入ろう…

帰 農 人 2021  6/06  絶望の中{天安門}の集会を試みる香港の民はエライ

帰 農 人 2021 6/06 絶望の中{天安門}の集会を試みる香港の民はエライ スマホに変えてひと月がたつ。まだ操作がおぼつかなく、変なボタンを押してしまって知らぬ間にドライブモードになってたり、ライトがついて電池が無くなってたり、ラインの使い方…

帰 農 人 2021  5/30  辛い日々に希望の兆しが

帰 農 人 2021 5/30 辛い日々に希望の兆しが 誠に心の重い5月であった。一つは水稲の苗の失敗、新しい播種機を購入したので、とても精度の高い調整ができたので、田植えの時に苦労しない様にと、極力土の量を少なくしたのが原因だ。発芽はよかったが、…

帰 農 人 2021  5/23 やっぱり神様は面白いことをたくらんでくれる

帰 農 人 2021 5/23 やっぱり神様は面白いことをたくらんでくれる 朝仕事を終え店に行くと娘たちが待ち受けていた。ハイと熱いタオルを渡され顔を拭けという。さすがに今日は久々に顔は洗ったと言ってもスルーされ、首を拭かれ、さらに髪と髭を櫛を入れ…

帰 農 人 2021  5/16 インドのラジヲが聞けるなんて 感謝

帰 農 人 2021 5/16 インドのラジヲが聞けるなんて 感謝 国内では英国型の変異株の猛威に振り回されているが、英国では6月には日常が回復する予定だったが、今度はインドの新コロナに最大の注意喚起を呼びかけている。当のインドでは農村部での感染の拡…

帰 農 人 2021  5/10  歴史は延々と続いている、今も

帰 農 人 2021 5/10 歴史は延々と続いている、今も 末っ子の貝人が久々に帰ってきた。今は池袋暮しだが、昨年の今頃コロナになっていたらしく抗体もあったので注意は必要なかったので安心して迎えられた。昨夜はマサと俺の身体を、以前勤めていたマッサ…

帰 農 人 2021  5/04 ミャンマーがとても気になる

帰 農 人 2021 5/04 ミャンマーがとても気になる 久しぶりだ、「帰農人」を書くのを忘れていた。いつも土日に書いていたが、久々のイベントでの出店、準備と販売で疲れはてた、しかも売り上げは最低記録。 そして昨年開設した優等生の第二無人直売所の開…

帰 農 人 2021  5/04 ミャンマーがとても気になる

帰 農 人 2021 5/04 ミャンマーがとても気になる 久しぶりだ、「帰農人」を書くのを忘れていた。いつも土日に書いていたが、久々のイベントでの出店、準備と販売で疲れはてた、しかも売り上げは最低記録。 そして昨年開設した優等生の第二無人直売所の開…

帰 農 人 2021  4/18 絹ずれの音、きぬさやの収穫時に

帰 農 人 2021 4/18 絹ずれの音、きぬさやの収穫時に うちの畑の一帯では15日から田んぼの水路に水が流れ出す。 気の早い人たちはすぐに代かきを始めているし、野田ではすでに田植えが始まっていた。昨夜の雨は台風並みであり、どこの田んぼも並々と水…

帰 農 人 2021  4/11 3月は100年に一度の高温だった

帰 農 人 2021 4/11 3月は100年に一度の高温だった 我が家の飼い猫ミーちゃんの目はハンターだ。 暖かくなり生き物の活動が盛んになり、朝早くから夜まで家の周りをうろついている。3日前には野菜の出荷作業している俺の目の前で子ネズミを捕まえた…

帰 農 人 2021  4/4 ビルマのオンボロ飛行機に昔、乗ったっけ

帰 農 人 2021 4/4 ビルマのオンボロ飛行機に昔、乗ったっけ 昼、家に帰ると廊下の出入り口の石段の上にでかいネズミが横たわっていた、我が家の飼い猫ミーちゃんからの捧げものだ。 最近中々捕まえられなかった。いつも天井裏を走り回っているので様子…

帰 農 人 2021  3/28 陰に咲く小木の紫モクレンが清楚だった

帰 農 人 2021 3/28 陰に咲く小木の紫モクレンが清楚だった ハウスの春菊もそろそろ終わりだ。花を咲かそうと、ぐんぐん伸びる、そうわさせまいと早めに摘み取るが、追いつかない。 芽キャベツも春菊と同じく12月から3月まで毎日収穫ができる。これは…

帰 農 人 2021  3/21 プーチンは凄すぎる 

帰 農 人 2021 3/21 プーチンは凄すぎる コタツで卵を孵化させようとしたが失敗に終わった。温度が高すぎたようだ、皆半ゆで卵状態、水分もかなり抜けて濃厚な卵になってしまった、まあ食べられるので良かったが、ちょっとがっかり。 今度はやり方を調べ…

帰 農 人 2021  3/15 おフランスで シィエー

帰 農 人 2021 3/15 おフランスで シィエー 感動的に美しい映像を見た。 パンタロンの様な原発の外壁が爆破されきれいに崩れ去る様子である。 震災10年目の様子がフランスのTVで放送され、福島の原発の状況を見たドイツが原発を放棄する事を決断、そ…