読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百姓日記 帰農人

農園の長、アチが書く百姓日記

2017 4/08 数年のもやもやがすっきり、でも緊張

軽くしのつく暖かい雨の中、一日のんびりネギの草取りを堪能した。
いつも下準備や難しい機械作業などで、地道な手作業での草取りなどはほとんどできず、かえって「のんびり草取りしてーなー」とよく思う。
今日は土曜の休日、一人で気ままに農作業をするのは俺にとって「休日」だ。
そして頭も中では「シリアの人たち、良かったね」と何度も思う
ロシアが参加をはじめたアレッポへの空爆あたりからアサド政権は滅茶苦茶な爆撃をさらに強化し、殺傷能力の強いクラスター爆弾、樽爆弾などを市街地に無差別に落とし続けた
マスタードなどの化学兵器も何度も使用し、さらに病
院や学校などをあえて空爆し続けた
国際社会が非道だと非難し続けても、「ISを攻撃してるだけだ」とアサドは言い、ロシアも「神経ガスはISが使った」などの擁護を繰り返していた
今回も「爆弾が落ちた所に毒ガスがあった」などと、カエルの面にしょんべん、けっけろけのケーとプーチンは済ましていた
クソ馬鹿な悲劇はだれも止められないのか「クソプーチン!」と叫んだのは数日前、シリアの空軍施設へ
のトマホーク攻撃を聞いて凄く心がときめいた
「やったー」とシリアと共に万歳の手を挙げている気持ちが湧いた
その後、シリアやロシアの声明、各国の賛否の状況などを注視している。
ウクライナで始まったプーチンの強硬うそつき戦略を止める事が出来ない状況に初めて「待った」をかける事が出来た記念日だ、でも様々な政治が深く絡む、ドロドロした記念日だ
でもアサドの殺人兵器の破壊は嬉しい
毎日良き明日をと祈る