読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百姓日記 帰農人

農園の長、アチが書く百姓日記

2016/12/24 神はおりたなぁ~、ずどんと来てる

3人の神主さんが地開きの儀式をした。「ニホンミツバチ光の森」への神降ろし。
冬至の次の日、次の日からの重なったイベントへの野菜の収穫は馬鹿多く、でも彼らの紳士な姿には背を向けられない
仕事を中断し儀式にルミちゃんと参加、他に仲間が一人、地域の人のはあえて呼びかけなかった、地主さんもまだ色々と迷っていて大げさなことは避けたかった。
まして自分が参加できるか微妙な中で、仲間にも声をかけられなかった。
でも神主が3人そろうとそれはそれは神々しく、1時間の儀式も立派であった、終わる直前にさぁーっと雨が通った、まことに神のお計らいと思えた
儀式の間、「こんなに素晴らしい儀式に人を呼べなくて、ごめんね、でも~」と心の中で繰り返した、また自分なりに、天と地をつなごうと「メビウス気流法」で背筋を伸ばし、和らげたりしていたら、なんか頭がおかしくなった、
式が終わった後、なんか頭がに気が登り、ろれつが回らなくなった、その日は終日なんかおかしかった、そしてそれがまだ数日どこかに残っている気がする。 
来年畑周辺に100坪ほどの森が3ヶ所、ニホンミツバチミツバチの巣が置かれる、こんな恵まれた田畑が国内でいくいつあるのであろうか。まことに恵まれすぎる事である。
生態系は劇的に変わるであろう
神事をした2つめの森へも式の前日犬小屋みたいな大きな「フクロウの巣」をかけた、うまく使ってもらえたら2月頃には営巣、なんか楽園、イヤ、聖地つくりみたい
だから慎重に、部落の人たちの夢は土地開発、オラたちは邪魔者、
でも、だから、さて?