百姓日記 帰農人

農園の長、アチが書く百姓日記

2018 12/24 クリスマスに焼き鳥とは

「鶏小屋が燃えてるよ」と貝人に起こされたのは、今朝12時を回った頃。
炎が屋根をぶち抜きめりめりと音を立てていて、こりゃヤバいとバケツに水を汲み貝人に渡し、数十杯かけ続けたら火が弱まった。
長いホースを捜し、丁寧に沈下。ヒヨコたちは手前の網あたりに固まっていて無事だ。放火しか考えられないが、外側はどこも燃えていない。
暖房用の電球も、もういいだろうと昨日からコンセントから抜いている。漏電ではない。だとすると、「厩の火事」だ。
鶏糞が発酵して高熱になり火がついたのだろう。検証すると暖房用に置いてある、ダンボールハウスが火元らしい。
その中は土とかき回されずひたすらもみ殻の上に鶏糞が溜まっていく、でもそんなに温度が上がるとはびっくり
信じられない気もするが、それしかない。
少し穴が開いている所は塞ぎ、朝起きてからは、急いで壁を修復して、屋根を付け替えた。中の止まり木も新たに備え付け、昼前には修復が終わった。でも凄い火であった。
小屋脇の木も焦げている。もし燃え移ったら我が借家も火事になっていただろう。貝人は良く働いた。よく早く発見してくれた。エライ。
恐ろしかった、今でもなんだか興奮している。
これは厄払いか、気を引き締めないとストーブ等からの出火もあり得るとの警告なのか、ともかく後で煙突周りを点検しなくては。
庭では糀や餅の為に良くカマドで米を蒸かしている。落ち葉や木くずもよく掃除しなければね。漏電もチェックだ、コンセントの錆や埃も危ない。
ともかくあと少しでお正月、事故も気を付けねばね

2018 12/08 もう正月の匂いぷんぷん

久々の雨の朝、ピヨピヨにの餌やりに行ったら高い所に一塊になって怯えていた。
一羽が細い板の間に頭を突っ込んで泣き騒いでいた。引っ張っても外れない、やっとこで少し広げ、強く挽きぬいた。首筋はこすれて血がにじんでいたが、きょとんとした顔で歩いていた。
昼に戻り、小屋に急いだ。やっとみんなが餌を啄みいつもの姿に戻っていた。
数を数えると1つ足りない、首を突っ込んだぴよが水刺しの陰にのびていた。朝小屋の点検をしたが入る隙間は見当たらなかった。でもなぜあれほど怯えていたのだろう。
後日何度も鳥たちの数は数えた。
やはり猫などは入っていないのを確認、つまり穴に首を突っ込んだヒナの鳴き声にみんな怯えたのだ。
木の壁に咥えられたとみていたのであろう。なんであんな所に首を突っ込んだのであろうか
はずみであろうが引っ張っても外れないのにはびっくりした。
まるで落語の世界に入ったような不思議と幼いころの懐かしさを覚えた。

昨夜長男圭太が顔を出した、仕事で身体がどうしようもないのでマッサージ師の貝人にほぐしてもらう為だった。20違いの1番目と6番目が労わりあっている姿はともかく素敵で見惚れてしまった。
せめてBGMにとレコードを低めにかけた、ピンクフロイドの「狂気」とジャニスイアン、二人は漫画や映画の話を身体を揉み解しながら、兄弟としての思いもしていた。俺は部屋を暖かめるべくストーブに適当な薪をくべる役が嬉しく、うまい酒を飲んだ。正月がやってきたようだった。

12/02 カードで5%バック 絶対いやだ

一月半前に卵大であったヒヨコがソフトボールの大きさを越し、鶏舎の中を走り回っている。雄鶏は頭に赤い線が出てきた、トサカだ。
葉っぱ物は大好きでコンテナ一つ分をほぼ食べつくす、まだ茎の太い所は残っているが、水菜などを刻んでやった頃に比べると世話も大変楽である。
鶏舎の中に生まれたてのヒヨコの為のダンボール小屋が二つあり、それぞれに60㍗の電球が暖房用に下がっている。
やつらはなんでも突っつく、そして確かめる。電球のフィラメントはたちまちに切れる。数日で切れることも多いので、電気屋に行くと、いつもの姉ちゃんが「コッコさんですね」と笑顔で迎えてくれる。
200円もしないかい買い物なのに、世界がとろけるような一瞬が訪れる。

世界全体が自国の経済のひっ迫を立て直そうと必死だ。文化も環境も哲学など構っていられる余裕はない。
新しいに未来に投資する余裕はない(EU、中国はけっこうやっている)、内戦や経済混乱による何百万人の難民を救うことが出来ない国際組織は自然の命など二の次3の次、日本列島から虫や鳥たちが急減してるのは目に余る。
それを一番知ってるのが日本野鳥の会ではないのか、なんで危機的状況や施策を訴えないのか不思議でたまらぬ。

アルゼンチンでのサミットはかってないまとまりの悪さ、世界各国がバラバラで、どの国も手詰まりで行方を探り合っている様子。
この様な時には国内をしっかり立て直せばいい時なのに、軍機で米に、ばらまきは国民に、政府予算は100兆円、過去最高。
馬鹿は忘れて正月を慈しみませ。

2018 11/24 みんなぁー 那須と遊んでみませんか

高速が那須にさしかかる頃からようやく紅葉らしき様子が現れてきた。
でも暖冬で皆ぼやけている。
小さな結婚式場の手前の県道の脇には銀杏が鮮やかに黄色い葉を散らかしていた。チャペルに入場してきたナスカレーは勝新太郎の様に凛々しく、ルミちゃんときたら女優さんのごとくご立派、涙。
二人を引き合わせた仲人の男2人は宮古島での同級生でとても怪しい55才、数年前に一回り下の彼女と結婚し、3ヶ月の子を連れてきたし、整体師の方はこれから結婚かもとの話し、どうも次元が違う。
 ナスカレーの親父さんは爽やかな人だった。
元気すぎる親父のもとで息子らはどこか引いた目で暮らしているとの印象を話から抱いていた。
また飛行機が趣味で滑走路もあり時々飛ばしているとのこと、大地主か何か一発当てたのかと考えていたが、違った
とてもまじめな百姓で、土地や農具に感謝しながら日々地道に営農をご先祖様より続けてきて今がある姿をみた。式の後相馬家では2次会が親戚一同で行われていた。築250年の屋敷には親父さんの愛着と誇りが見えた「千年でも生かせる」のではとの思いが浮かぶ。
農園内を隈なく散策。十数棟あるハウスや作業場などは整理が行き届いていて、小まめに補修等をしている。
どこにもやりっぱなし感がない。
憧れの百姓文化が生きている。お袋さんも「出来る」オーラがすぐに感じられ、後で聞くととても仕事が早くてルミちゃんも敵わないそう。
素敵な希望の故郷を持てたような気がわいてきた。出産予定日は1月二十四日、産まれてたもう

2018 11/16 畑が神社になる準備

間口5m、奥行40mのハウスに畳表を敷き詰めた。いよいよ明日、明後日は竹ワラ細工講習会。
本物の竹職人でありヘンテコな民俗学者の尚さんも70才に手が届くというので、旅立つ前に少しでも多くの人たちとの出会いをと始めたお祭りも9回目、2回目の年は大震災があり、放射能騒ぎに揺れて開催できなかった。
昨年からは講師が尚さんの息子の涼と仲間の恵美ちゃんにバトンタッチ、基本である竹割り講座も好評だ。
尚さんはサポート役で、あっちこっちを賑わしている。
手前のワラ講習では、あまよかしむが頑固一徹に民族の技を伝えている。良き2日間が訪れるよう祈るばかりである。
講習会で大人気のマサの昼飯の準備に娘二人も駆り出され準備が進んでいる。
会場を設置し帰ってきたらどっと疲れが出てきた。
あと最終確認などの連絡を終えたら早く休もう。

コッコ小屋が完璧になり、もう猫の手は完全に出せなくなった。
でも毎日何度も様子を見に行く。心配で見に行くのではない、元気に跳ね回る姿がとても嬉しく見入ってしまうのだ。
もう葉物は刻まないでも食いちぎるが、小松菜などの茎の太い物はだめだ、水菜やレタスが食べやすいみたい、
糠も与えるようになったら水もよく飲む、小さなくちばしに水を入れ、上を向いて喉に流し込む姿はいじらしいほどである。
生きていてくれてありがとうと思える、老人の情緒教育かしら。
今朝ラジオで遺伝子組み換え食品の世界で最大の輸入国である日本の問題を女性学者が訴えていた。
潰されるなよ、広がってくだされ。

2018 11/10 圧死にはかかわりがねぇことで 紋次郎

戦後10年築の木と紙と土で出来た古しい2階家の借り住まいも30年になる。
引っ越すとすぐに薪ストーブを設置し、次に鶏小屋を建てた。
材料はもらった廃材、貧乏の極致で基礎にするブロック等も買えなかったので今は下部の木材はかなり腐っている。
まわりの壁板も補強の連続でどこに隙間があるかも判明できないありさまなのでリフォームした。
壁を取り払い、腐った梁などを取り替え、タヌキたちが壁下を掘り入れぬように厚めの板をぐるり、深くまで設置し、丈夫な板で壁も作り、アオダイショウも入れぬように穴を埋め、金網の部分も弱い所を補強した。
板も釘も全て廃材なので1円もかからなかった。
「完璧だ、これでヒヨコが安心して入れられる」とマサに豪語し、入れて2日目の朝、奥で一塊になっていた。
昨日は足元でついばんでいたヒヨが怯えて近寄ってこない
数えた2羽足りない、小屋を総点検したら金網の一部が広がっていた
弱っていた釘の部分を白猫が必死に広げたのだ。
すぐに修正し、店にいる仲間を入れた。怯えて動かないヒヨたちの気持ちを早く和らげてやりたかった。
だいぶ大きくなってきたので、菜っ葉もみじん切りにせず放り込んでおき様子を見た
体温調整もだいぶ強くなったと思い、ダンボール小屋の中の保温用電球も昼は消した。
昨日は小雨であったがさほど寒く思われなかったので畑から帰ってから電球を付ければと、帰って除くとダンボール小屋の外に全部が固まって寝ていた。
翌朝そこに2羽の亡骸があった。
「圧死」だ
よくある事例、ごめんなと埋めた。

2018 11/04 昨日から豆炭炬燵、冬の始まり

サウジ王室がトルコでのジャーナリスト暗殺事件で連日大きな非難を浴びせられ、ニュースを賑わしている。
一番声がでかいのがエルドワン、批判勢力やジャーナリストを徹底的弾圧し強権の限りを尽くす彼が、法の秩序や報道の自由及び人権を越えサウジを非難する姿は誠に滑稽だ。
でもそれによってサウジはかなり追い込まれている。これを機にイエメンでのサウジによる無差別爆撃と海上封鎖は終わるかもしれない。今世界で一番悲惨な飢えで苦しむ1300万人のイエメン市民を手だて救う手立てがなかった。サウジは欧米の国々の最大の武器の買い手であり、表立った避難や実質的制裁などできない
でも「こんな手荒な暗殺事件はいくらなんでもまずいよ」とイエメンでの和平会議に引っ張り出そうとしている。
経済を優先する地球全体ば悲劇の連鎖が繰り返される。
この40年間で野生生物の60%が減少した。安い肉の生産の為、ブラジルでは広大な森が焼き払われ、遺伝子組み換えと除草剤の農法が拡大されている。
欧米では反対のアピールデモが多くあり、危機的状況を報道するニュースも多い。
右翼政党が拡大する中、「緑の党」も支持率を伸ばしている。日本は鎖国状態、海外の活動を応援するしかないのは寂しい。
昨日葛飾の郷土と天文の博物館で祭りがあり、野菜を販売してきた。
20数年来の農文化活動の仲間たちと楽しく一日を過ごした。
イベントの一つに「ドジョウすくい」があり、余ったのを数十匹もらい、昼に料理、初めて、ドキドキ。
鍋の中で数秒で死んだ、良かった。
合掌した。